出版案内
福祉事業団

持ち運びOKの「空中茶室」、10月お茶博で披露 京都・八幡市

八幡市が作る「新・空中茶室」のイメージ模型。折りたたんで持ち運びができる(八幡市八幡・市役所)
八幡市が作る「新・空中茶室」のイメージ模型。折りたたんで持ち運びができる(八幡市八幡・市役所)

 京都府八幡市が、かつて石清水八幡宮の宿坊にあった空中茶室「閑雲軒(かんうんけん)」の現代版「新・空中茶室」のイメージ模型を作った。「持ち運べて世界を巡ることができる茶室」という。完成版を作り、10月21、22日に宇治市で開かれる「お茶の京都博」のイベント「宇治茶博@文化」で実物大の茶室を披露する。

 閑雲軒は、江戸時代に松花堂昭乗と小堀遠州が作ったとされる。崖からせり出す「懸け造り」で、京都盆地が一望できたという。

 市はお茶の京都博に合わせて観光活性化に向けた協議会を発足。閑雲軒の現代版のアイデアを考え、東京芸術大の北川原温教授の研究室が試案として模型にした。

 エジソンで名高い八幡の竹と和紙調のシートで空間を囲う「一坪茶室」(約3平方メートル)で、折りたたまれた蛇腹を開くことで優雅な開花を表現し、シートを広げて床の間や通路にもできるという。

 宇治茶博@文化では、山城地域12市町村がそれぞれに趣向を凝らした一坪茶室を出展する予定。

【 2017年08月11日 13時00分 】

ニュース写真

  • 八幡市が作る「新・空中茶室」のイメージ模型。折りたたんで持ち運びができる(八幡市八幡・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、地域住民と交流も 滋賀「人口比」全国最多

      20170816000157

      子ども食堂の「先進地」といわれる滋賀県で、地域住民による開設がさらに広がりを見せている。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全国の強豪集いキックオフ びわ湖カップ少年サッカー

      20170816000163

       全国の強豪が集う「びわ湖カップ少年サッカー大会U-11」(滋賀県、県希望が丘文化公園、..... [ 記事へ ]

      経済

      ドンキホーテ、500店舗展開へ
      20年までに、売上高1兆円

      20170816000110

       ディスカウント店大手のドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は16日、現在..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国製混入は「在庫処分のため」
      解熱鎮痛剤不正、和歌山県に

      20170815000144

       解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)を製造する国内大手原薬メーカー「山本化学工業」(和..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン大統領側近を批判
      収賄罪のロ前経済発展相

      20170816000171

       【モスクワ共同】昨年11月に巨額の収賄罪で訴追されたロシア前経済発展相のアレクセイ・ウ..... [ 記事へ ]