出版案内
福祉事業団

妖怪電車、車内に悲鳴と歓声 京都・京福嵐山線

近づいてきた妖怪におびえる子どもと、見守るむ大人たち(京都市内・京福電鉄嵐山線)
近づいてきた妖怪におびえる子どもと、見守るむ大人たち(京都市内・京福電鉄嵐山線)

 妖怪が出没する演出で人気の「嵐電妖怪電車」が11日、京都市内の京福電鉄嵐山線で始まった。薄暗い車内を妖怪がそぞろ歩き、乗客は歓声や悲鳴を上げてひとときの「涼気」を楽しんだ。

 京福電鉄が夏の風物詩として毎年開催し、11回目。嵯峨美術大(右京区)の学生らが趣向を凝らした妖怪の面や衣装を身につけ、嵐山-四条大宮間を走る電車に乗り込んでいる。今年はより楽しんでもらおうと、妖怪の数を従来の2倍の8体に。昨年の人気投票で1位だった妖怪「ようかいわっ、じん」を見つけて声を掛けると、記念品をもらえるゲームも行っている。

 嵐山駅(右京区)では発車前からおびえる子も。電車が走り出すと車内にはおどろおどろしい効果音が流れ、妖怪たちが乗客の顔をのぞき込むと「おうちに帰りたい」と子どもの泣く声が響いた。

 妖怪電車は15日まで、午後5~8時ごろの間に1日計5本運行。乗車券は各便180枚で、発車の約40分前から出発駅で販売する。妖怪に扮装(ふんそう)すると50円で乗車できる。

【 2017年08月12日 09時30分 】

ニュース写真

  • 近づいてきた妖怪におびえる子どもと、見守るむ大人たち(京都市内・京福電鉄嵐山線)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元残留日本兵の子ら来日
      ベトナムから父の祖国に

      20171018000111

       第2次大戦後もベトナムにとどまり、その後帰国を余儀なくされた元残留日本兵の子どもらが1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      乳酸菌飲料ピルクル42万個回収
      日清ヨーク、味に違和感

      20171018000099

       日清食品ホールディングス傘下の日清ヨーク(東京)は18日、乳酸菌飲料「ピルクル」の味が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]

      国際

      スペイン、州自治権停止を準備
      カタルーニャ独立問題

      20171018000101

       【パリ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、一方的な「独立宣言」を撤回す..... [ 記事へ ]