出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ガチョウの「ガーちゃん」剥製に 京都・宝ケ池

宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)

 京都市左京区の宝ケ池で市民に親しまれ、今年1月に死んだガチョウが、このほど剥製として生まれ変わった。宝が池公園の子どもの楽園管理事務所で展示されており、毎日のように市民が訪れるなど、往時と変わらない人気を集めている。

 宝ケ池には15年以上前から2羽のガチョウがすみ着き、3年前に1羽だけになってからも市民から「ガーちゃん」「ガー子」などと呼ばれ、愛されてきた。今年1月9日の早朝に死んでいるのを、長年見守ってきた市民の1人が見つけ、同事務所に持ち込んだ。

 亡きがらは幸いにも野生動物に荒らされることなく、きれいな姿のまま回収できたため、同楽園を管理する市緑化協会が環境学習に役立てる目的で、剥製にして残すことにした。

 剥製は5月から同事務所のロビーに展示されているが、今もほぼ毎日、市民が会いに訪れ、羽根に付いたほこりを払ったり、花を供えたりしてかわいがっている。

 ガチョウの亡きがらを保護した女性(70)は「みんなに愛されたガーちゃんが、まるで生きているような姿で残してもらえて、本当にうれしい」と喜ぶ。同事務所の稲垣茂所長は「宝ケ池のアイドルだっただけあって、今も訪れる人は絶えない。ぜひ多くの人に見に来てもらいたい」と話している。

【 2017年08月17日 12時33分 】

ニュース写真

  • 宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自水陸機動団が搬送訓練
      「負傷者」搬送、種子島

      20180520000130

       離島防衛強化のために3月に新設された陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の専門部..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      トランポリン、上山と森が代表に
      世界選手権などの選考会

      20180520000123

       トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)などの代表選考会を兼ねた全日本..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]