出版案内
福祉事業団

ガチョウの「ガーちゃん」剥製に 京都・宝ケ池

宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)

 京都市左京区の宝ケ池で市民に親しまれ、今年1月に死んだガチョウが、このほど剥製として生まれ変わった。宝が池公園の子どもの楽園管理事務所で展示されており、毎日のように市民が訪れるなど、往時と変わらない人気を集めている。

 宝ケ池には15年以上前から2羽のガチョウがすみ着き、3年前に1羽だけになってからも市民から「ガーちゃん」「ガー子」などと呼ばれ、愛されてきた。今年1月9日の早朝に死んでいるのを、長年見守ってきた市民の1人が見つけ、同事務所に持ち込んだ。

 亡きがらは幸いにも野生動物に荒らされることなく、きれいな姿のまま回収できたため、同楽園を管理する市緑化協会が環境学習に役立てる目的で、剥製にして残すことにした。

 剥製は5月から同事務所のロビーに展示されているが、今もほぼ毎日、市民が会いに訪れ、羽根に付いたほこりを払ったり、花を供えたりしてかわいがっている。

 ガチョウの亡きがらを保護した女性(70)は「みんなに愛されたガーちゃんが、まるで生きているような姿で残してもらえて、本当にうれしい」と喜ぶ。同事務所の稲垣茂所長は「宝ケ池のアイドルだっただけあって、今も訪れる人は絶えない。ぜひ多くの人に見に来てもらいたい」と話している。

【 2017年08月17日 12時33分 】

ニュース写真

  • 宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ダウン症理解求めパレード、東京
      みんな笑顔でにぎやかに

      20171119000080

       ダウン症への理解を深めるためのイベント「バディウォーク東京2017」が19日に開かれ、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、山口茜がSS4度目の優勝
      中国オープン

      20171119000076

       バドミントンのスーパーシリーズ(SS)中国オープンは19日、福州で各種目の決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]