出版案内
福祉事業団

ガチョウの「ガーちゃん」剥製に 京都・宝ケ池

宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)

 京都市左京区の宝ケ池で市民に親しまれ、今年1月に死んだガチョウが、このほど剥製として生まれ変わった。宝が池公園の子どもの楽園管理事務所で展示されており、毎日のように市民が訪れるなど、往時と変わらない人気を集めている。

 宝ケ池には15年以上前から2羽のガチョウがすみ着き、3年前に1羽だけになってからも市民から「ガーちゃん」「ガー子」などと呼ばれ、愛されてきた。今年1月9日の早朝に死んでいるのを、長年見守ってきた市民の1人が見つけ、同事務所に持ち込んだ。

 亡きがらは幸いにも野生動物に荒らされることなく、きれいな姿のまま回収できたため、同楽園を管理する市緑化協会が環境学習に役立てる目的で、剥製にして残すことにした。

 剥製は5月から同事務所のロビーに展示されているが、今もほぼ毎日、市民が会いに訪れ、羽根に付いたほこりを払ったり、花を供えたりしてかわいがっている。

 ガチョウの亡きがらを保護した女性(70)は「みんなに愛されたガーちゃんが、まるで生きているような姿で残してもらえて、本当にうれしい」と喜ぶ。同事務所の稲垣茂所長は「宝ケ池のアイドルだっただけあって、今も訪れる人は絶えない。ぜひ多くの人に見に来てもらいたい」と話している。

【 2017年08月17日 12時33分 】

ニュース写真

  • 宝ケ池で市民に長年愛され、剥製として生まれ変わったガチョウ(京都市左京区・宝が池公園子どもの楽園管理事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]