出版案内
福祉事業団

西陣織の技、沖縄の美を織る 京都府立植物園で作品展

絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)
絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)

 沖縄県在住の西陣織伝統工芸士(総合部門)中嶋鉄利さん(66)の染織作品を紹介する「亜熱帯植物染織展」が18日、京都市左京区の府立植物園で始まった。ランの花をモチーフに独自の製織技法で織り上げた壁掛けや、パイナップルの繊維で織った布を展示した。精巧な技に支えられた奥深い世界が来園者を魅了している。

 中嶋さんは、川島織物在職中の2000年に伝統工芸士に認定され、02年に沖縄県立芸術大美術工芸学部助教授に就任。その後、教授となり、昨年3月の退任後はファイバーアーティストとして活動している。

 西陣織の新たな可能性を追求しようと作った壁掛けは、経(たて)糸と緯(よこ)糸のバランスや一本一本の糸の微妙な色合いを調整することで、絵画のような立体感を持たせた。沖縄で研究を始めた植物繊維の分野では、経糸に絹、緯糸にパイナップル繊維を用いて織った透明感あふれる布を展示した。「アバカ」と呼ばれるバショウ科の植物の繊維で織った張りのある布もあり、日ごろ触れる機会の少ない植物繊維の多様性を身近に感じられる。

 沖縄に拠点を移して以降、中嶋さんが京都で作品展を開くのは初めてといい、「多くの人に織物の美を楽しんでもらうのと同時に、専門分野の人には西陣織の新たな発想の一つとして見てもらえればうれしい」と話す。

 27日まで。20日午後1時半から中嶋さんの講演、21~23日の午後1時半からは染織の体験講座がある。体験講座は有料。問い合わせは植物園075(701)0141。

【 2017年08月19日 10時30分 】

ニュース写真

  • 絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スノボW杯男子HP、戸塚が2位
      3選手の五輪代表確実に

      20180121000001

       スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、スイスのラークスでハーフパイプ(HP)決..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]