出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

西陣織の技、沖縄の美を織る 京都府立植物園で作品展

絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)
絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)

 沖縄県在住の西陣織伝統工芸士(総合部門)中嶋鉄利さん(66)の染織作品を紹介する「亜熱帯植物染織展」が18日、京都市左京区の府立植物園で始まった。ランの花をモチーフに独自の製織技法で織り上げた壁掛けや、パイナップルの繊維で織った布を展示した。精巧な技に支えられた奥深い世界が来園者を魅了している。

 中嶋さんは、川島織物在職中の2000年に伝統工芸士に認定され、02年に沖縄県立芸術大美術工芸学部助教授に就任。その後、教授となり、昨年3月の退任後はファイバーアーティストとして活動している。

 西陣織の新たな可能性を追求しようと作った壁掛けは、経(たて)糸と緯(よこ)糸のバランスや一本一本の糸の微妙な色合いを調整することで、絵画のような立体感を持たせた。沖縄で研究を始めた植物繊維の分野では、経糸に絹、緯糸にパイナップル繊維を用いて織った透明感あふれる布を展示した。「アバカ」と呼ばれるバショウ科の植物の繊維で織った張りのある布もあり、日ごろ触れる機会の少ない植物繊維の多様性を身近に感じられる。

 沖縄に拠点を移して以降、中嶋さんが京都で作品展を開くのは初めてといい、「多くの人に織物の美を楽しんでもらうのと同時に、専門分野の人には西陣織の新たな発想の一つとして見てもらえればうれしい」と話す。

 27日まで。20日午後1時半から中嶋さんの講演、21~23日の午後1時半からは染織の体験講座がある。体験講座は有料。問い合わせは植物園075(701)0141。

【 2017年08月19日 10時30分 】

ニュース写真

  • 絵画のような立体感を持たせた精巧な作品を展示する中嶋さん(京都市左京区・府立植物園)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]