出版案内
福祉事業団

自然生かし攻めの集客 京都・世屋高原の宿泊施設

標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)
標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)

 京都府宮津市北部の標高約500メートルの世屋高原にあり、完成から33年がたつ市営宿泊施設「しおぎり荘」(同市上世屋)が、地域の自然環境を生かしたサービスを充実させ、利用者増加を図っている。府内有数の豪雪を売りにしようと、2年前から冬季営業を開始。野外活動も実施させ、「公共宿舎のイメージをガラッと変えたい」と意気込んでいる。

■冬季営業、外国人に人気

 しおぎり荘は1984年にオープン。そば打ち体験などができ、主に夏場に児童や学生の団体客、親子連れなどによく利用されていた。

 ただ、娯楽の多様化などで宿泊者数は90年の3239人をピークに減少傾向にあり、近年は千人前後で推移。建物の老朽化などもあり、前の指定管理者が2015年春に撤退。地元住民らでつくる「世屋高原活用協議会」が引き継ぎ、施設を運営している。

 協議会は増加する訪日外国人に着目して冬季(11~3月)の営業を開始。雪国の景色を初めて見て驚く外国人も多く、新たに始めたスノーモービルなども人気だ。

 昨年度の冬季に宿泊した約150人の大部分が外国人という。また、地元漁港で買い付けた海産物を使った夕食も好評で、素泊まりでなく館内で食事を取る人も増えた。

 「攻めの姿勢」で、情報発信にも力を入れる。館内に無線LANのWi-Fiを整備し、英語のホームページの開設や宿泊予約サイト「エアビーアンドビー」も活用し、口コミでの集客も期待する。

 協議会の西原重樹さん(42)は「リピーターも増えてきた。利用者が何を求めているか把握し、時代に合わせて対応できる施設を目指したい」と話している。

【 2017年08月19日 11時20分 】

ニュース写真

  • 標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      入湯税「500円」に賛否
      別府市検討、全国最高額へ

      20180224000007

       全国屈指の温泉地、大分県別府市が、温泉客に課す入湯税を引き上げる方針だ。条例改正案が可..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子決勝はドイツ―OAR
      アイスホッケー・23日

      20180223000134

       アイスホッケー男子準決勝が行われ、3連覇を狙ったカナダが3―4でドイツに敗れる波乱があ..... [ 記事へ ]

      経済

      米、TPP再交渉を要求
      大統領、復帰の条件

      20180224000016

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、オーストラリアのターンブル首相との共同記者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都滋賀で1万5千人挑戦 25日、国公立大2次試験

      20180223000138

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      イバンカ氏「最大限の圧力」確認
      文氏は謝意

      20180223000198

       【ソウル共同】トランプ大統領の長女イバンカ大統領補佐官が23日午後、平昌冬季五輪の閉会..... [ 記事へ ]