出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

自然生かし攻めの集客 京都・世屋高原の宿泊施設

標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)
標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)

 京都府宮津市北部の標高約500メートルの世屋高原にあり、完成から33年がたつ市営宿泊施設「しおぎり荘」(同市上世屋)が、地域の自然環境を生かしたサービスを充実させ、利用者増加を図っている。府内有数の豪雪を売りにしようと、2年前から冬季営業を開始。野外活動も実施させ、「公共宿舎のイメージをガラッと変えたい」と意気込んでいる。

■冬季営業、外国人に人気

 しおぎり荘は1984年にオープン。そば打ち体験などができ、主に夏場に児童や学生の団体客、親子連れなどによく利用されていた。

 ただ、娯楽の多様化などで宿泊者数は90年の3239人をピークに減少傾向にあり、近年は千人前後で推移。建物の老朽化などもあり、前の指定管理者が2015年春に撤退。地元住民らでつくる「世屋高原活用協議会」が引き継ぎ、施設を運営している。

 協議会は増加する訪日外国人に着目して冬季(11~3月)の営業を開始。雪国の景色を初めて見て驚く外国人も多く、新たに始めたスノーモービルなども人気だ。

 昨年度の冬季に宿泊した約150人の大部分が外国人という。また、地元漁港で買い付けた海産物を使った夕食も好評で、素泊まりでなく館内で食事を取る人も増えた。

 「攻めの姿勢」で、情報発信にも力を入れる。館内に無線LANのWi-Fiを整備し、英語のホームページの開設や宿泊予約サイト「エアビーアンドビー」も活用し、口コミでの集客も期待する。

 協議会の西原重樹さん(42)は「リピーターも増えてきた。利用者が何を求めているか把握し、時代に合わせて対応できる施設を目指したい」と話している。

【 2017年08月19日 11時20分 】

ニュース写真

  • 標高約500メートルの世屋高原にある「しおぎり荘」。夏でもひんやりと涼しく、避暑地としても人気だ(宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大麻リキッド所持疑いで男追送検
      近畿地方で初、今年からまん

      20180625000064

       電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していたとして、近畿厚生局麻..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      東芝、米当局の調査終了
      不正会計問題で、処分勧告なし

      20180625000085

       東芝は25日、2015年に発覚した不正会計問題に絡み、調査を受けていた米証券取引委員会..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      インドネシア発便、成田で油漏れ
      滑走路が一時閉鎖

      20180625000071

       25日午前8時45分ごろ、インドネシア・エアアジアXのデンパサール発成田行き403便エ..... [ 記事へ ]