出版案内
福祉事業団

日中韓の友好、汁でホットに 京都で学生ら活動を計画

若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重
若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重

 京都市など日中韓3カ国の都市が文化交流を展開する「東アジア文化都市2017」の一環で、京都市内の大学生や留学生らが、食を切り口に相互理解を深める活動を計画している。日本のだしや中国や韓国のスープについて料理人から学び、インターネットで発信し、イベントで振る舞おうと、準備している。

 東アジア文化都市は2012年の日中韓文化相会合の合意を受けて毎年催しており、17年は京都市、中国・長沙市、韓国・大邱広域市で開いている。京都学生祭典実行委員会のメンバーが、全国の中高生に情報発信しているグループ「京都学生広報部」と連携し、身近な食文化の根底にあるだしやスープに着目した企画を考案した。

 実行委員の呼び掛けで中国、韓国など4カ国の留学生を含む延べ31人が7月、料亭の若主人や韓国料理教室の主宰者から、各国の食文化とだしやスープに関して学んだ。

 「京料理萬重」(上京区)では、昆布だし▽昆布とかつおの合わせだし▽塩と薄口しょうゆで味を調えた合わせだしを作り、飲み比べた。韓国の留学生は「シンプルな素材・調理法なのに、こんなにおいしくなることに驚いた」と語った。

 同店での講習の様子や学んだ点は、若主人の田村圭吾さんへのインタビューと合わせて、京都学生祭典や京都学生広報部のホームページなどで15日に公開した。9月16~17日に左京区岡崎で開かれる東アジア文化都市関連のイベント「京都岡崎ハレ舞台」では、学んだ経験を基にだしやスープを作って来場者に振る舞うという。

 学生祭典実行委の喜馬爽委員長(20)=京都女子大3年=は「日中韓のだしやスープはそれぞれに特徴があって、刺激的だった。文化は堅苦しいものではなく、まず体験することで理解を深められると多くの人に知ってほしい」と話している。

【 2017年08月19日 12時42分 】

ニュース写真

  • 若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]