出版案内
福祉事業団

日中韓の友好、汁でホットに 京都で学生ら活動を計画

若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重
若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重

 京都市など日中韓3カ国の都市が文化交流を展開する「東アジア文化都市2017」の一環で、京都市内の大学生や留学生らが、食を切り口に相互理解を深める活動を計画している。日本のだしや中国や韓国のスープについて料理人から学び、インターネットで発信し、イベントで振る舞おうと、準備している。

 東アジア文化都市は2012年の日中韓文化相会合の合意を受けて毎年催しており、17年は京都市、中国・長沙市、韓国・大邱広域市で開いている。京都学生祭典実行委員会のメンバーが、全国の中高生に情報発信しているグループ「京都学生広報部」と連携し、身近な食文化の根底にあるだしやスープに着目した企画を考案した。

 実行委員の呼び掛けで中国、韓国など4カ国の留学生を含む延べ31人が7月、料亭の若主人や韓国料理教室の主宰者から、各国の食文化とだしやスープに関して学んだ。

 「京料理萬重」(上京区)では、昆布だし▽昆布とかつおの合わせだし▽塩と薄口しょうゆで味を調えた合わせだしを作り、飲み比べた。韓国の留学生は「シンプルな素材・調理法なのに、こんなにおいしくなることに驚いた」と語った。

 同店での講習の様子や学んだ点は、若主人の田村圭吾さんへのインタビューと合わせて、京都学生祭典や京都学生広報部のホームページなどで15日に公開した。9月16~17日に左京区岡崎で開かれる東アジア文化都市関連のイベント「京都岡崎ハレ舞台」では、学んだ経験を基にだしやスープを作って来場者に振る舞うという。

 学生祭典実行委の喜馬爽委員長(20)=京都女子大3年=は「日中韓のだしやスープはそれぞれに特徴があって、刺激的だった。文化は堅苦しいものではなく、まず体験することで理解を深められると多くの人に知ってほしい」と話している。

【 2017年08月19日 12時42分 】

ニュース写真

  • 若主人の田村さん(左端)の作っただしを試飲する大学生と留学生=京都市上京区・京料理萬重
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      57年「砂川事件」土屋氏が講演
      「沖縄の大きな負担知って」

      20180224000136

       東京都砂川町(現立川市)で旧米軍立川基地の拡張に反対し、基地に立ち入ったとして有罪とさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      宮原「全部出し切れた」 エキシビション備え練習

      20180224000140

       フィギュアスケート女子で4位入賞した宮原知子がフリーから一夜明けた24日、江陵アイスア..... [ 記事へ ]

      経済

      大手が注目、京大発半導体ベンチャー 社長はバイオ専攻

      20180224000031

       京都大発の半導体ベンチャーFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区)が、大手メーカー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      タイ、年内の総選挙実施を要求
      バンコクで市民集会

      20180224000134

       【バンコク共同】タイの首都バンコクにあるタマサート大で24日、市民や活動家ら約300人..... [ 記事へ ]