出版案内
福祉事業団

高校生1人で子ども支援募金 京都、貧困や虐待から

病院や店に募金箱の設置を呼び掛けて回った田中さん。貧困や虐待などに悩む子どもたちの居場所づくりを行う団体に寄付金を贈った(京都市中京区)
病院や店に募金箱の設置を呼び掛けて回った田中さん。貧困や虐待などに悩む子どもたちの居場所づくりを行う団体に寄付金を贈った(京都市中京区)

 京都市内の男子高校生が、貧困や虐待に遭う子どもたちの居場所づくりを進める民間団体を支援するため、この夏、1人で募金活動を行った。大学進学後は居場所づくりの支援活動をさらに本格化させたいと決意している。

 東山高3年の田中健太郎さん(17)=伏見区。大阪市のチャリティーショップにボランティアとして関わる中で、家族や経済環境に恵まれない同年代の子どもらがいることや、彼らをシェルターで一時的に保護し、学習支援を行う民間団体があることを知った。「今の自分ができる何かをしたい」と思い、支援に取り組むNPO法人「子どもセンターぬっく」(大阪市)への寄付金集めを行った。

 7月末までの1カ月間、「居場所のない子どもたちをひとりぼっちにしない」のメッセージを入れた募金箱を、京都市内の病院や飲食店など9カ所に設置。約4万円が寄せられた。

 当初、家族のつてを頼ってお願いして回ったものの、「店のオーナーらから『なぜ』『だれのために』と疑問を持たれ、何度も出直した」。あらためて、市内でも子どもの7人に1人が経済的に厳しい貧困状態に置かれ、虐待を受ける子も含め社会的に孤立しがちな現状を調べた。支援の必要性を具体的に訴えることで、協力店を仲介してくれる賛同者が現れ、設置場所は想定の倍以上になった。

 田中さんは大学進学後、子どもセンターぬっくで保護した子どもに英語やパソコンを教えるボランティアを派遣したり、京都で同様の施設を展開したりする考えを持つ。「弱い立場にある人を支援するため、法律家になるのが夢だけど、大学生としてもできることがある。同じ思いの仲間を見つけながら、実現に向けて突き進みたい」と話す。

【 2017年08月19日 21時50分 】

ニュース写真

  • 病院や店に募金箱の設置を呼び掛けて回った田中さん。貧困や虐待などに悩む子どもたちの居場所づくりを行う団体に寄付金を贈った(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      村井・宮城県知事が事前運動か
      自民衆院議員への投票促す

      20170926000153

       次期衆院選に関し、宮城県の村井嘉浩知事が公職選挙法で禁じられた選挙の事前運動をした疑い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      日航がハワイアン航空と提携
      ドル箱路線、全日空からくら替え

      20170926000148

       日本航空は26日、米ハワイアン航空と包括的な業務提携契約を結んだと発表した。日本とハワ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]