出版案内
福祉事業団

震災忘れぬ、京都でミズアオイ咲く 福島・南相馬で種採取

青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)
青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)

 環境省が準絶滅危惧種に分類している植物ミズアオイが、京都市下京区のNPO法人「使い捨て時代を考える会」の事務所屋上で、青紫色のかれんな花を咲かせている。東日本大震災をきっかけに福島県内で芽吹いたミズアオイの子孫で、会員は「京都でも咲いてうれしい」と喜んでいる。

 ミズアオイは水田や湿地に生える一年草で、元は北海道から九州まで広く分布していたが、開発や農薬汚染で激減し、絶滅の恐れがある。京都府立植物園(左京区)によると「府内で見られることはまれ」という。

 南相馬市での開花も偶然だった。津波により地表に現れた種が育ったらしく、いわき市在住の美術家吉田重信さんが種を採取した。昨年12月に京都市東山区のギャラリーで開かれた展覧会「フクシマ美術」に出展した際に、考える会の荒木晋太郎理事に種を渡した。同会が今年4月に種を鉢にまくと、7月下旬から花を付け始めた。

 現在はハート形の葉の合間から直径2センチほどの小さな花が顔をのぞかせている。「ミズアオイをきっかけに吉田さんとつながり、震災を忘れないという思いを強くした」と荒木さん。見ごろは8月末ごろまでで、事務所開室時(平日)は見学できる。問い合わせは同会075(361)0222。

【 2017年08月19日 22時10分 】

ニュース写真

  • 青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      都教委「いじめ判断極めて困難」
      高1自殺で調査

      20170926000070

       東京都教育委員会は26日、2015年9月に自殺した都立高校1年の男子生徒=当時(16)..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー活性へ、Jリーグの視点 元浦和社長、関西協会書記長に

      20170926000060

       かつてラグビーの三菱自工京都の選手として活躍し、サッカーのJ1浦和で社長を務めた橋本光..... [ 記事へ ]

      経済

      テレワーク、京都で広がり 子育て女性、障害者ら支援

      20170926000058

       IT技術を活用してオフィスから離れた場所で働く「テレワーク」が、京都の事業所に普及しつ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]

      国際

      ウィーナー元議員に禁錮刑
      クリントン氏敗北の一因

      20170926000016

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの裁判所は25日、10代の少女に性的なメッセージを送..... [ 記事へ ]