出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

震災忘れぬ、京都でミズアオイ咲く 福島・南相馬で種採取

青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)
青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)

 環境省が準絶滅危惧種に分類している植物ミズアオイが、京都市下京区のNPO法人「使い捨て時代を考える会」の事務所屋上で、青紫色のかれんな花を咲かせている。東日本大震災をきっかけに福島県内で芽吹いたミズアオイの子孫で、会員は「京都でも咲いてうれしい」と喜んでいる。

 ミズアオイは水田や湿地に生える一年草で、元は北海道から九州まで広く分布していたが、開発や農薬汚染で激減し、絶滅の恐れがある。京都府立植物園(左京区)によると「府内で見られることはまれ」という。

 南相馬市での開花も偶然だった。津波により地表に現れた種が育ったらしく、いわき市在住の美術家吉田重信さんが種を採取した。昨年12月に京都市東山区のギャラリーで開かれた展覧会「フクシマ美術」に出展した際に、考える会の荒木晋太郎理事に種を渡した。同会が今年4月に種を鉢にまくと、7月下旬から花を付け始めた。

 現在はハート形の葉の合間から直径2センチほどの小さな花が顔をのぞかせている。「ミズアオイをきっかけに吉田さんとつながり、震災を忘れないという思いを強くした」と荒木さん。見ごろは8月末ごろまでで、事務所開室時(平日)は見学できる。問い合わせは同会075(361)0222。

【 2017年08月19日 22時10分 】

ニュース写真

  • 青紫色のかれんな花を咲かせるミズアオイ(京都市下京区富小路通仏光寺下ル・「使い捨て時代を考える会」事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自水陸機動団が搬送訓練
      「負傷者」搬送、種子島

      20180520000130

       離島防衛強化のために3月に新設された陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の専門部..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      トランポリン、上山と森が代表に
      世界選手権などの選考会

      20180520000123

       トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)などの代表選考会を兼ねた全日本..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]