出版案内
福祉事業団

京都市の観光客数減、府域は増 16年、一極集中が分散へ

京都府内の観光客数と観光消費額
京都府内の観光客数と観光消費額

 2016年に京都府内を訪れた観光客数のうち、京都市内は前年より減った一方、京都市以外の府内では増加して過去最多を更新した。同じ年に観光客数が京都市内で減り、京都市以外で増えたのは初めて。市が「落ち込み幅は大きくなく、観光消費額は増えている」と問題視しない一方、府は「京都市一極集中だった観光客の分散化が始まっており、府全域の観光振興を図るチャンス」と意気込んでいる。

 16年の京都市内を訪れた観光客数は5522万人で、前年比2・8%減。一方、同市以外は3219万人で5・1%増だった。

 地域別にみると、「森の京都博」が開催され、「京丹波味夢(あじむ)の里」(京丹波町)が通年営業となった南丹地域(前年比15・8%増)や、「竹の径・かぐやの夕べ」などのイベントが注目を集めた乙訓地域(6・7%増)が好調。鎮守府があった舞鶴市を含む4市が日本遺産に指定され、中丹地域(3・5%増)も伸びた。

 京都市内の観光客数の減少について、市観光MICE推進室は「他の観光地との競合で近隣からの日帰り客が減ったとみられるが、宿泊客数は増えている」とする。一方、府観光政策課は15年7月に京都縦貫自動車道が全線開通した効果が大きいとした上で「宿泊施設を含めて京都市内は混雑しているイメージもあり、リピーターの外国人観光客らが市外に流れ始めたのではないか」と分析する。

 実際、外国人宿泊客数は京都市が前年比0・8%の伸びだったのに対し、同市以外は24・6%の大幅増だった。特に、舞鶴市(135・6%増)や南丹市(86%増)などで急増した。府内を周遊するために舞鶴市のビジネスホテルに泊まったり、かやぶきの里で知られる南丹市美山町などで町家一棟を貸し切ったりするケースが多いという。

 一方、観光客の消費額では、京都市以外は585億円で、市内(1兆861億円)の5%に過ぎない。府観光政策課は「宿泊施設を増やし、夜にも観光を楽しめる環境を整えていきたい」としている。

【 2017年08月20日 09時11分 】

ニュース写真

  • 京都府内の観光客数と観光消費額
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      平昌開幕前日に北朝鮮公演か
      2月8日、軍パレード兆候

      20180123000190

       【ソウル共同】韓国統一省によると、北朝鮮は23日、平昌冬季五輪に合わせて行う「三池淵管..... [ 記事へ ]