出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日野駅、築百年の再発進 滋賀・近江鉄道、駅舎保存完了

100年前の建築当時の姿をイメージして改修された日野駅舎。建物左側にカフェなどが入る(日野町内池)
100年前の建築当時の姿をイメージして改修された日野駅舎。建物左側にカフェなどが入る(日野町内池)

 滋賀県日野町が近江鉄道日野駅(同町内池)の木造駅舎で進めていた保存改修工事がこのほど完了した。築100年の趣を残しながら、新たな交流拠点としての機能を持たせている。

 駅舎は1916(大正5)年築で、老朽化のため一時は取り壊しも検討されたが、町が保存を決定。地元住民らとデザインなどを協議し、今年2月から工事していた。

 改修では既存の部材を極力生かしつつ耐震性を高めたほか、事務室などがあった部分にカフェや観光案内所(10月1日開業予定)を設けた。事務室はかつての貴賓室跡に移し、貴賓室の格子天井を待合室に移設。外壁は建築当時の姿をイメージした板張りにし、駅前に旧型の丸型郵便ポストを設置してレトロな雰囲気を再現した。

 工事費約6千万円のうち、約3800万円をふるさと納税による寄付金で賄った。来年度以降、ホーム屋根などの改修を行う予定で、町は引き続き寄付を募っている。

 駅を通学で利用する日野高3年﨑谷樹さん(17)は「待合室が広くなり、カフェもできると聞いてうれしい。前の駅舎も味があったが、歴史ある町に似合う駅になったと思う」と話していた。

【 2017年08月21日 17時00分 】

ニュース写真

  • 100年前の建築当時の姿をイメージして改修された日野駅舎。建物左側にカフェなどが入る(日野町内池)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大麻リキッド所持疑いで男追送検
      近畿地方で初、今年からまん

      20180625000064

       電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していたとして、近畿厚生局麻..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関栃ノ心、気持ち新た
      番付「字が大きくなった」

      20180625000063

       新大関の栃ノ心が25日、愛知県春日井市の春日野部屋の宿舎で記者会見し、番付表を見て「字..... [ 記事へ ]

      経済

      三村氏が相談役退任、新日鉄住金
      制度は継続

      20180625000075

       新日鉄住金は25日、三村明夫相談役が同日付で退任したと発表した。任期5年の社内規定に基..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      インドネシア発便、成田で油漏れ
      滑走路が一時閉鎖

      20180625000071

       25日午前8時45分ごろ、インドネシア・エアアジアXのデンパサール発成田行き403便エ..... [ 記事へ ]