出版案内
福祉事業団

法華経抜きに釈迦は語れず 大津「戸津説法」で説く

法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)

 21日に大津市下阪本3丁目の東南寺で始まった戸津説法で、天台宗(総本山・延暦寺)の元宗務総長西郊良光(にしおかりょうこう)さん(75)=横浜市、円満寺住職=が、森川宏映(こうえい)天台座主らが見守る中、約1時間にわたって法華経を説いた。

 説法師を務めた僧侶だけが最高位の天台座主に上り詰める資格を得ることから、「座主への登竜門」といわれる。

 西郊さんは、かつて戸津説法が三つの寺院で計30日間行われ、織田信長による比叡山焼き打ちの後は10日間となり、明治以降に5日間となった経緯を説明。法華経には仏祖釈迦(しゃか)が晩年の8年間に説いた教えが記されていることから、「釈尊を語るとき、法華経を抜きにして語れない」と重要性を強調した。仏教の足跡をたどったり、カンボジアなど仏教国支援に飛び回った自らの経験も語った。

 本堂と境内の仮設テントで、僧侶や地元住民ら計約200人が聴講した。10年ほど通っている京都市上京区の佐藤理英さん(48)は「この時代まで途絶えずに、教えやお経を聞かせてもらえる。こんな機会はそうない」と話した。

 25日までの午前10時半から。23日は午後2時からもある。誰でも聴講できる。

【 2017年08月22日 09時32分 】

ニュース写真

  • 法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      石破氏、首相の政治手法に苦言
      「自民の議論を無視」

      20180218000030

       自民党の石破茂元幹事長は18日放送のラジオ日本番組で、安倍晋三首相の官邸主導の政治手法..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      石井智也は大回転1回目35位
      アルペンスキー・18日

      20180218000046

       【平昌共同】アルペンスキーの男子大回転は1回目を終え、28歳で初出場の石井智也(ゴール..... [ 記事へ ]

      経済

      京野菜・ケーキ・漬物…アジアに売り込め 食品輸出拡大へ

      20180218000032

       農水産物や加工品などの食品輸出に取り組む小売り、卸売りの会社が、京都、滋賀で増えている..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      15の春へ1万1千人超挑む 京都で公立高前期選抜

      20180216000075

       京都府内の公立高入試の前期選抜が16日始まり、中学3年生が第1志望への合格を目指して引..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      軍ヘリ着陸失敗13人死亡
      メキシコ、地震被害視察

      20180217000081

       【ロサンゼルス共同】メキシコのメディアなどによると、同国南部オアハカ州で16日に発生し..... [ 記事へ ]