出版案内
福祉事業団

法華経抜きに釈迦は語れず 大津「戸津説法」で説く

法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)

 21日に大津市下阪本3丁目の東南寺で始まった戸津説法で、天台宗(総本山・延暦寺)の元宗務総長西郊良光(にしおかりょうこう)さん(75)=横浜市、円満寺住職=が、森川宏映(こうえい)天台座主らが見守る中、約1時間にわたって法華経を説いた。

 説法師を務めた僧侶だけが最高位の天台座主に上り詰める資格を得ることから、「座主への登竜門」といわれる。

 西郊さんは、かつて戸津説法が三つの寺院で計30日間行われ、織田信長による比叡山焼き打ちの後は10日間となり、明治以降に5日間となった経緯を説明。法華経には仏祖釈迦(しゃか)が晩年の8年間に説いた教えが記されていることから、「釈尊を語るとき、法華経を抜きにして語れない」と重要性を強調した。仏教の足跡をたどったり、カンボジアなど仏教国支援に飛び回った自らの経験も語った。

 本堂と境内の仮設テントで、僧侶や地元住民ら計約200人が聴講した。10年ほど通っている京都市上京区の佐藤理英さん(48)は「この時代まで途絶えずに、教えやお経を聞かせてもらえる。こんな機会はそうない」と話した。

 25日までの午前10時半から。23日は午後2時からもある。誰でも聴講できる。

【 2017年08月22日 09時32分 】

ニュース写真

  • 法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]

      国際

      拉致の松本京子さん結婚写真か
      韓国団体、日本に提供へ

      20170926000142

       1977年に北朝鮮に拉致されたと日本政府が認定した鳥取県米子市の松本京子さん=失踪当時..... [ 記事へ ]