出版案内
福祉事業団

法華経抜きに釈迦は語れず 大津「戸津説法」で説く

法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)

 21日に大津市下阪本3丁目の東南寺で始まった戸津説法で、天台宗(総本山・延暦寺)の元宗務総長西郊良光(にしおかりょうこう)さん(75)=横浜市、円満寺住職=が、森川宏映(こうえい)天台座主らが見守る中、約1時間にわたって法華経を説いた。

 説法師を務めた僧侶だけが最高位の天台座主に上り詰める資格を得ることから、「座主への登竜門」といわれる。

 西郊さんは、かつて戸津説法が三つの寺院で計30日間行われ、織田信長による比叡山焼き打ちの後は10日間となり、明治以降に5日間となった経緯を説明。法華経には仏祖釈迦(しゃか)が晩年の8年間に説いた教えが記されていることから、「釈尊を語るとき、法華経を抜きにして語れない」と重要性を強調した。仏教の足跡をたどったり、カンボジアなど仏教国支援に飛び回った自らの経験も語った。

 本堂と境内の仮設テントで、僧侶や地元住民ら計約200人が聴講した。10年ほど通っている京都市上京区の佐藤理英さん(48)は「この時代まで途絶えずに、教えやお経を聞かせてもらえる。こんな機会はそうない」と話した。

 25日までの午前10時半から。23日は午後2時からもある。誰でも聴講できる。

【 2017年08月22日 09時32分 】

ニュース写真

  • 法華経の教えを説く戸津説法師の西郊良光氏の講話に聞き入る人たち(大津市下阪本3丁目・東南寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都府知事に市長会が5選出馬要請 本人は明言避ける

      20171122000167

       来春の京都府知事選に向け、府市長会と府町村会は22日、山田啓二知事に5選を目指して立候..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴乃花親方、協力要請を拒否
      危機管理委の貴ノ岩聴取に

      20171122000180

       大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、負傷した平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方は22日、日..... [ 記事へ ]

      経済

      京都水族館の隣に大浴場付き140室ホテル JR西

      20171122000157

       JR西日本は22日、京都市下京区の梅小路公園内の旧社宅跡地に、客室140室の新ブランド..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      玄海3号機、再稼働2月に
      神鋼データ改ざんで遅れ

      20171122000168

       九州電力が来年1月を目指していた玄海原発3号機(佐賀県)の再稼働について、2月以降に遅..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、七面鳥に恩赦
      オバマ氏の決定「覆さず」

      20171122000019

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、米国の家庭で伝統的に七面鳥料理が振る舞われ..... [ 記事へ ]