出版案内
福祉事業団

京都府暫定登録文化財に434件 独自創設の第1弾

園部高の巽櫓(上、南丹市)。阿弥陀三尊(八幡市・正法寺)=いずれも府文化財保護課提供
園部高の巽櫓(上、南丹市)。阿弥陀三尊(八幡市・正法寺)=いずれも府文化財保護課提供

 京都府教育委員会は22日、本年度に創設した「府暫定登録文化財」の第1回登録リストを発表した。建造物200件、美術工芸品213件、有形民俗文化財13件、史跡・名勝8件の計434件。

 同制度は、文化財の指定や登録を受けていない歴史的建造物や絵画、仏像などについて、保護の裾野を広げることで、散逸を防ぎ、保存維持するのが目的。調査や登録の手続きを簡素化し、修復や防犯・防火対策などの補助制度を設けている。

 今回、建造物で登録された南丹市の園部高の巽櫓(たつみやぐら)は、1869(明治2)年完成の国内最後に建築された城郭として知られる。中規模ながらも、内部や外部の装飾の格式高い造りが貴重、とされた。

 八幡市の正法寺の阿弥陀三尊(木造阿弥陀如来坐像と木造観音菩薩(ぼさつ)坐像、木造勢至菩薩坐像)は、平安時代末から鎌倉時代初めに制作されたと考えられる。両脇の坐像の姿勢を内側に傾けることで来迎の臨場感を伝えるなど、優れた表現が評価された。

 いずれも詳細な調査が進めば、将来的に府指定や国の重要文化財などにつながることが期待される。府教委文化財保護課は「より多くの文化財予備軍を評価し、良好な状態で次世代に残したい」といい、本年度中に千件の登録を目指している。

【 2017年08月22日 22時35分 】

ニュース写真

  • 園部高の巽櫓(上、南丹市)。阿弥陀三尊(八幡市・正法寺)=いずれも府文化財保護課提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      噴火の前兆活動、観測されず
      想定外の火口、気象庁監視強化へ

      20180123000129

       気象庁の斎藤誠火山課長は23日、草津白根山の噴火を受けた記者会見で「噴火の前に火山活動..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、開幕投手に意欲
      古巣楽天の本拠地で自主トレ

      20180123000111

       米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が23日、古巣プロ野球楽天の本拠地、仙台市の楽天生..... [ 記事へ ]

      経済

      自動運転隊列トラックの実証実験
      静岡・新東名高速で

      20180123000127

       日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自治体条例127万件超を横断検索 同志社大教授ら公開

      20180123000072

       全国の地方自治体が定めた127万件超の例規(条例や規則など)をインターネットで横断検索..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大iPS研に「山中所長辞めないで」 論文不正で市民ら

      20180123000089

       京都大iPS細胞研究所の助教がデータ改ざんなどをした論文を発表した問題が明らかになって..... [ 記事へ ]

      国際

      米、自由の女神に客足戻る
      観光客、正常化に安堵

      20180123000015

       【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所..... [ 記事へ ]