出版案内
福祉事業団

舟形の棺、古墳期にも使用か 京都・丹波丸山古墳群

埋葬施設の近くで出土した鉄製ヤリガンナ
埋葬施設の近くで出土した鉄製ヤリガンナ

 京都府埋蔵文化財調査研究センターはこのほど、京丹後市峰山町の「丹波丸山古墳群」から、舟形の棺に死者を収める「舟底状木棺」を使った痕跡がある古墳時代前期(3世紀後半~4世紀前半)の埋葬施設が見つかった、と発表した。舟底状木棺は弥生時代後期の2世紀ごろに多くみられた埋葬方法とされ、古墳時代にも引き継がれていたことを示す貴重な資料という。26日午後2時から現地説明会が行われる。

 同センターは昨年6月から府道新設に伴い、同町丹波地区の同古墳群(全35基)の7基を調べた。このうち、最も大きい規模の楕円(だえん)形の古墳(直径約28メートル、短径約25メートル、高さ約4メートル)から五つの埋葬施設を発見。うち二つの墓穴の底部は舟底状木棺(最大で長さ3・3メートル、幅1・1メートル)が入るような形状で、埋葬された可能性が高いことが分かった。周囲で出土した土器の破片から古墳時代前期のものと推測されるという。

 五つの墓穴が集中していることから、古代の丹波の有力者や親族らが埋葬されたのではないかと推定している。丹後地方の墳墓に特徴的な副葬品で、木工品の仕上げなどに使われる鉄製のヤリガンナ(長さ約13・3センチ、幅約1センチ)も布に包まれたような状態で出土した。

 舟底状木棺を用いたとみられる埋葬施設は全国に約50例あり、うち約30例は丹後地方で確認されている。同センター調査課の高野陽子主査は「今回見つかった埋葬施設は舟の形がはっきりしていることが特徴。舟を模した棺で死者を死後の世界へ運ぶ考えと、丹後地域で盛んだった海上交易が関係しているのでは」とみている。

 問い合わせは現地事務所090(8207)5285。説明会当日は駐車場なし。

【 2017年08月25日 11時00分 】

ニュース写真

  • 埋葬施設の近くで出土した鉄製ヤリガンナ
  • 舟底状木棺を用いたとみられる埋葬施設が見つかった丹波丸山古墳群(京丹後市峰山町丹波)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元米軍属に無期懲役求刑、沖縄
      女性殺害事件、弁護側は殺意否

      20171124000044

       沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=を暴行し殺害したとして、殺人などの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      広島がリーグ連覇のお礼参り
      小窪「報告できて良かった」

      20171124000073

       広島が24日、リーグ連覇を果たしたお礼のため、広島市内の護国神社を参拝した。松田オーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      ファミマ、コインランドリー参入
      集客増を狙い、500店展開

      20171124000075

       ファミリーマートは24日、コインランドリー事業に参入すると発表した。駐車場がある敷地の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設、18年に計画地点
      大飯再稼働、福井県知事同意

      20171123000109

       関西電力の岩根茂樹社長は23日、福井県内に持つ原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、前高官の逮捕可否決定へ
      文政権で初

      20171124000053

       【ソウル共同】韓国大統領府の田炳憲前政務首席秘書官(19日付で辞任)が2015年にテレ..... [ 記事へ ]