出版案内
福祉事業団

“虹色”の滋賀観光キャンペーン 来年度、7分野で展開

来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)
来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)

 滋賀県は29日、来年度に予定する大型観光キャンペーンの概要を公表した。「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」をテーマに据え、歴史や食など七つのジャンルでイベントなどを展開する。同日に推進協議会を設立し、構成団体に事業プランを募って具体的な計画をまとめる方針を示した。

 キャンペーンは、来年7月から12月に実施。20代から50代の女性をターゲットに、来年度の年間観光客5千万人、観光消費額1700億円(2015年は4794万人、1638億円)を目指すとした。「虹」は多彩な観光資源がある象徴としてテーマに採用した。

 期間中は虹をイメージしたアートや花火といった特別企画や、県内を移動しやすくする定期観光バスの運行、1日フリーパスの販売などを検討。各地域で関連イベントの開催を呼び掛けるほか、旅行社やSNS(会員制交流サイト)を通じた誘客も強化する。

 協議会は県内の市町や農林水産業、業界団体や企業関係者ら115人で構成。虹色をテーマにした写真スポットの設置や料理の提供のほか、宿泊プランやツアーなどのアイデア提供を呼び掛けた。本年度末にも実施計画案をまとめる。

 会長の三日月大造知事は「琵琶湖や地酒、ふなずし、ビワイチやトレイル、忍者や信楽焼など滋賀の資源や資産は再評価されている。多くの人に知ってもらうことで経済の活性化や移住、定住に結びつけていきたい」と結束を呼び掛けた。

【 2017年08月29日 23時00分 】

ニュース写真

  • 来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      活性化で市民チーム立ち上げ 京都・亀岡のスタジアム計画

      20171211000014

       京都府亀岡市は、府が建設する球技専用スタジアムをまちの活性化に生かすソフト事業を市民参..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      経済

      WTO閣僚会議が開幕
      自由貿易体制の堅持促す

      20171211000006

       【ブエノスアイレス共同】世界貿易機関(WTO)閣僚会議が10日、アルゼンチンの首都ブエ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学校のどこが嫌?」 京都の教員、フリースクールに学ぶ

      20171210000041

       不登校の児童や生徒が通うフリースクールに対して、教育委員会や学校関係者の関心が高まって..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]

      国際

      ユニセフ、若年ネット利用に警鐘
      影響に関する報告書発表

      20171211000029

       【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)は11日付で、インターネットが子どもや若者..... [ 記事へ ]