出版案内
福祉事業団

大正時代の便器、滋賀で発見 TOTOにも現存せず

【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという
【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという

 滋賀県東近江市五個荘竜田町の古民家で、大手陶器メーカー「TOTO」(北九州市)の前身による最初期の製品とみられる、大正時代の便器が見つかった。30日に同社社員が訪れ、現物を調査した。

 古民家は近江商人松居久右衛門の本宅で、便器があるのは1873年の増築部分。1924年に近くの竜田神社に参拝した久邇宮邦彦王が同宅に宿泊するのに合わせて改修され、最新の便所や風呂を整備したという。

 40年近く空き家になっていたが、9年前に近江八幡市安土町の教林坊住職、廣部光信さん(46)が買い取り、手入れしてきた。文化財登録に向け建築年代を特定するため便器を調べたところ古い商標が見つかり、同社に調査を依頼した。

 小便器の底にあった商標には同社の前身「日本陶器合名会社」の社名が英語で記されていた。調査したTOTO社史資料室の迫下勉さん(38)によると、商標は日本陶器が便器の試験販売を始めた14年から17年の「東洋陶器」設立までの間しか使われず、同社最初期の製品とみられる。同時期の製品は社内にも現存していないという。

 一方、大便器にも地球を月桂樹(げっけいじゅ)が取り巻いた同じデザインの商標があるが、実際に使われた記録のない英語表記で社名が記され、同社製品かどうかは不明という。

 迫下さんは「会社の創立100周年のタイミングで見つかり、縁を感じる。陶器は時を経ても劣化しないので、まだまだ眠っているものがあるのでは」と話し、廣部さんは「貴重な物とわかったので、そのままの状態で残していきたい」としている。一般公開の予定はない。

【 2017年08月31日 09時22分 】

ニュース写真

  • 【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ダウン症理解求めパレード、東京
      みんな笑顔でにぎやかに

      20171119000080

       ダウン症への理解を深めるためのイベント「バディウォーク東京2017」が19日に開かれ、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、山口茜がSS4度目の優勝
      中国オープン

      20171119000076

       バドミントンのスーパーシリーズ(SS)中国オープンは19日、福州で各種目の決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]