出版案内
福祉事業団

永徳の信長像や探幽の障壁画 京都・大徳寺、16日から特別展

大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)

 京都市北区の大徳寺で16日、安土桃山期の絵師、狩野永徳の作とされる肖像画「織田信長公像」の特別展示が始まる。豊臣秀吉が取り仕切った信長の三回忌法要のために描かせた絵で、生前の面影や雰囲気をよく伝えるという。大徳寺では初公開となる。

 肖像画は、京都国立博物館の近年の調査で永徳が描いた可能性が極めて高いと分かった。絹本著色の掛け軸で縦115センチ、横51センチ。ひげを蓄え、威厳を備えた姿も、生前の姿を知る永徳ならではの描写とされる。

 秀吉は大徳寺塔頭の総見院を信長の菩提寺とし、墓を設けた。軸木に、三回忌法要の前月にあたる天正12(1584)年5月の墨書があり、この年の制作とみられる。肖像画には、差している刀の本数を減らし、派手な衣装を地味な色にするなど改変された形跡があり、同博物館は、完成後に秀吉が描き直させたとみている。

 特別展示は16日から10月15日まで行われる大徳寺本坊特別公開の一環。方丈(国宝)では永徳の孫、探幽が手がけた障壁画(重要文化財)を公開する。法堂(はっとう)(重文)なども拝観できる。

 信長の肖像画は10月1日までの前期のみ展示。後期は秀吉やその母・大政所の肖像画が並ぶ。9月21日、10月4、8日休み。拝観料大人千円、中高生700円、小学生以下無料。問い合わせは京都春秋事務局075(231)7015。

【 2017年09月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
  • 狩野探幽筆の方丈障壁画(京都市北区・大徳寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀・長浜市長に藤井氏3選 新人中川氏を破る

      20180225000148

       任期満了に伴う滋賀県長浜市長選は25日投開票され、無所属の現職藤井勇治氏(67)=自民..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      閉会式では南北合同入場ならず
      国旗別々、関係者に温度差

      20180226000001

       【平昌共同】きらびやかなライトに照らされ、韓国と北朝鮮の選手らが入り交じるように入場す..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア野党指導者追悼でデモ
      殺害3年、政権は警戒

      20180225000145

       【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領を批判していた野党指導者ネムツォフ元第1副首相が..... [ 記事へ ]