出版案内
福祉事業団

東西の美、桃源郷のよう 滋賀、ミホ・ミュージアム特別展

伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)
伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)

 16日に開幕するMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)の開館20周年記念特別展「桃源郷はここ-I・M・ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」(京都新聞など主催)の内覧会が15日にあり、東西の美を一堂に集めた多彩な所蔵品が報道関係者らに披露された。

 所蔵品約2500点から特に名品の約350点を展示し、同館の歩みを振り返る。日本美術では、伊藤若冲筆のユーモラスな水墨画「象と鯨図屏風(びょうぶ)」が目を引き、鎌倉後期の地蔵菩薩(ぼさつ)立像(重要文化財)の胎内から2015年に発見され、初公開となる印仏も注目を集めた。国外の美術品では、エジプト第19王朝時代(紀元前13世紀頃)の神体「隼頭(じゅんとう)神像」など世界的な名宝が並ぶ。

 同美術館を設計し、今年100歳となった世界的建築家I・M・ペイ氏(米国)の業績を伝える展示もあり、招待客に説明した畑中章良学芸部長(57)は「所蔵品と建築の両方を楽しんでほしい」と話した。12月17日まで。月曜休館(9月18日、10月9日は開館し、9月19日、10月10日は休館)。

【 2017年09月15日 23時46分 】

ニュース写真

  • 伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      終末期医療の指示書、危険性警告 大阪で討論会

      20180217000105

       京都市が終活リーフレットとともに配布した「終末期医療の事前指示書」の回収を求めている「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      二刀流レーサーの逆転劇
      本能の滑りで金つかむ

      20180218000010

       フィギュアスケートの男子フリーで羽生結弦が演技を始める30分ほど前のこと。NHKのBS..... [ 記事へ ]

      経済

      新型「N700S」車両を披露
      JR東海、環境安全性向上が特

      20180217000084

       JR東海は17日、先頭車両に塗装を施した東海道新幹線の新型「N700S」を、日本車両製..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      15の春へ1万1千人超挑む 京都で公立高前期選抜

      20180216000075

       京都府内の公立高入試の前期選抜が16日始まり、中学3年生が第1志望への合格を目指して引..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]

      国際

      ヘリ着陸失敗2人死亡、メキシコ
      地震被害視察

      20180217000081

       【ロサンゼルス共同】メキシコのメディアなどによると、同国南部オアハカ州で16日に発生し..... [ 記事へ ]