出版案内
福祉事業団

東西の美、桃源郷のよう 滋賀、ミホ・ミュージアム特別展

伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)
伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)

 16日に開幕するMIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町)の開館20周年記念特別展「桃源郷はここ-I・M・ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」(京都新聞など主催)の内覧会が15日にあり、東西の美を一堂に集めた多彩な所蔵品が報道関係者らに披露された。

 所蔵品約2500点から特に名品の約350点を展示し、同館の歩みを振り返る。日本美術では、伊藤若冲筆のユーモラスな水墨画「象と鯨図屏風(びょうぶ)」が目を引き、鎌倉後期の地蔵菩薩(ぼさつ)立像(重要文化財)の胎内から2015年に発見され、初公開となる印仏も注目を集めた。国外の美術品では、エジプト第19王朝時代(紀元前13世紀頃)の神体「隼頭(じゅんとう)神像」など世界的な名宝が並ぶ。

 同美術館を設計し、今年100歳となった世界的建築家I・M・ペイ氏(米国)の業績を伝える展示もあり、招待客に説明した畑中章良学芸部長(57)は「所蔵品と建築の両方を楽しんでほしい」と話した。12月17日まで。月曜休館(9月18日、10月9日は開館し、9月19日、10月10日は休館)。

【 2017年09月15日 23時46分 】

ニュース写真

  • 伊藤若冲の「象と鯨図屏風」に見入る来館者たち(15日午後2時45分、甲賀市信楽町・MIHO MUSEUM)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      貴重な1票を、理解を深めて 10代、初めての衆院選

      20171021000094

       選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めて迎える衆院選を前に、滋賀県の高校や大学..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―3楽(21日)
      ソフトバンク逆転勝ち

      20171021000098

       ソフトバンクが逆転勝ちした。2―3の六回に内川が4試合連続本塁打となるソロを放って同点..... [ 記事へ ]

      経済

      イオンと生協、環境枠組み参加へ
      加工食品使用のパーム油

      20171021000090

       加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      日中首脳交流に前向き
      中国共産党幹部が会見

      20171021000082

       【北京共同】中国共産党中央対外連絡部の郭業洲副部長は21日の記者会見で、来年の日中平和..... [ 記事へ ]