出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

天下分け目決戦の日、関ケ原で三成ゆかりの滋賀PR

決戦のあった日に、古戦場を訪れた歴史ファンに滋賀をアピールする米原市職員ら(岐阜県関ケ原町・関ケ原笹尾山交流館)
決戦のあった日に、古戦場を訪れた歴史ファンに滋賀をアピールする米原市職員ら(岐阜県関ケ原町・関ケ原笹尾山交流館)

 滋賀県の彦根、長浜、米原の3市でつくるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会は15日、天下分け目の合戦が行われた同日に合わせ、岐阜県関ケ原町の古戦場で「三成応援キャンペーン」を実施した。

 1600(慶長5)年9月15日(現在の暦で10月21日)、石田三成率いる西軍と、徳川家康を大将とする東軍が関ケ原で激突し、明治維新まで続く徳川時代への流れが決まった。

 今年は、映画「関ケ原」が公開中でもあり、歴史ファンに滋賀観光を訴えようと同協議会が初めて行った。3市の職員4人が、石田三成陣跡の笹尾山麓にある関ケ原笹尾山交流館を訪問。羽柴秀吉と三成が出会った観音寺(米原市)などゆかりの地をめぐる「応援スタンプラリー」のパンフレットを観光客に配布した。

 会場には、合戦当日の空気に触れようと歴史ファンが続々と訪れ、貸し出された甲冑(かっちゅう)を着用して東軍が陣を敷いた桃配山などを一望した。群馬県から歴女仲間と訪れた会社員金井咲樹さん(27)は「開戦時間に陣跡に立ち、臨場感を味わった。三成ファンなのでラリーはうれしい。今から彦根に行って、お城を見るつもり」と話した。

【 2017年09月16日 10時40分 】

ニュース写真

  • 決戦のあった日に、古戦場を訪れた歴史ファンに滋賀をアピールする米原市職員ら(岐阜県関ケ原町・関ケ原笹尾山交流館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      35度以上で主催イベント中止検討 大津市が熱中症予防会議

      20180717000191

       連日の酷暑を受け、大津市は17日、熱中症予防のための庁内会議を開き、気温が35度以上に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、南北チームが勝利
      北朝鮮選手に大声援

      20180717000196

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まった..... [ 記事へ ]

      経済

      GS、12年ぶりCEO交代
      ブランクファイン氏退任

      20180717000200

       【ニューヨーク共同】米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)は17日、ロイド・ブランク..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]

      国際

      オバマ氏、マンデラ氏しのび講演
      恐怖や恨みの政治に危機感

      20180717000106

       【ヨハネスブルク共同】オバマ前米大統領は17日、南アフリカ最大都市ヨハネスブルクで講演..... [ 記事へ ]