出版案内
福祉事業団

自由な発想で造形、軽やかに表現 京都文博で光風工芸展

工芸ファンでにぎわう光風工芸「明日へのかたち展」(京都市中京区・京都文化博物館)
工芸ファンでにぎわう光風工芸「明日へのかたち展」(京都市中京区・京都文化博物館)

 第28回光風工芸「明日へのかたち展」(京都新聞など主催)が20日、京都市中京区の京都文化博物館で始まった。自由な発想から生まれる豊かな造形美を、来場者が楽しんでいる。

 社団法人・光風会の工芸部が、日々の試みの成果を発表している。今年は陶芸、染織、金工、木漆工、紙、竹、皮革などの作家計79人が出品した。

 太平洋戦争の激戦地ニューギニアから生還し、今年97歳を迎える三橋國民さんは、ジャングルから仰ぎ見た飛行機の機影とその爆撃の記憶を画面いっぱいに描いた屏風(びょうぶ)など4点を出品した。ほかにも、ねじれながら伸び上がるような陶器や幾何学的な竹の器体など、素材の特性と響き合う軽やかな表現が並んでいる。24日まで。無料。

【 2017年09月20日 22時10分 】

ニュース写真

  • 工芸ファンでにぎわう光風工芸「明日へのかたち展」(京都市中京区・京都文化博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      最新スポーツ用車いすを展示
      東京パラへ、名古屋にオープン

      20171214000147

       2020年東京パラリンピックで選手が使用することを目指し、開発が進む最新のスポーツ用車..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      14歳張本に躍進賞
      国際卓球連盟の年間表彰

      20171215000002

       【アスタナ(カザフスタン)共同】国際卓球連盟(ITTF)の年間表彰式が14日、アスタナ..... [ 記事へ ]

      経済

      解体予定、機関車いりませんか 近江鉄道、16日イベント

      20171214000135

       近江鉄道は、大正期に製造され昭和末まで活躍した電気機関車を順次解体する方針を決めた。老..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさ2、来年エンジン噴射
      1月から、6月には小惑星接近

      20171214000116

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げから3年..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国取材陣、暴行受け負傷
      北京、中国人警備員から

      20171214000156

       【北京、ソウル共同】北京で14日午前に開かれた中韓の貿易振興行事の会場で、文在寅大統領..... [ 記事へ ]