出版案内
福祉事業団

京都御苑、外国人ドローンに苦慮 無許可飛行が急増

絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)

 飛行禁止区域と知らずに外国人が観光地などで撮影のために小型無人機「ドローン」を飛ばして問題となるケースが、京都市内で相次いでいる。訪日客に法律が十分に伝わっていないのが現状で、無許可飛行が目立つ京都御苑(上京区)では、管理事務所や上京署が、英語で案内板を設置するなど対応に追われている。

 上京署によると、御苑内で確認された無許可飛行は昨年は1件だったが、今年は10件に急増した。特定できた操縦者のうち7人は外国人で、同署は20日までに航空法違反容疑で、カナダ人の女性(24)を書類送検した。近く、スペイン人ら4人も同容疑で書類送検する方針。

 特定できた外国人操縦者はいずれも「飛行禁止とは知らなかった」と説明したという。御苑には、皇族が滞在する京都御所や外国の要人らを受け入れる京都迎賓館がある。無許可飛行の増加を受け、上京署はテロ対策の面からも、日本語と英語、中国語の3カ国語でドローンの使用禁止を呼び掛けるチラシを作製し、区内の宿泊施設などに配った。御苑の管理事務所は、絵文字や英語で飛行禁止を伝える看板を設置し、8月から英語による園内放送で注意を呼び掛けている。

 改正航空法では、京都市中心部の大半は、飛行が禁止された人口密集地にあたる。清水寺(東山区)は、英語や中国語の看板などで飛行禁止を訴えているが、年に3、4件は無許可飛行が確認されるという。担当者は「多くは外国人。境内の外から飛ばされるケースもあり、対応には限界がある」と話す。

 ドローンの規制を担当する国土交通省航空局は、訪日外国人向けのホームページやポスターで、国内の利用禁止区域について周知徹底を図っているといい、「地元自治体などと連携し、適正な利用を呼び掛けたい」としている。

【 2017年09月21日 09時27分 】

ニュース写真

  • 絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ロープの結び方を事前練習、座間
      スマホで検索、殺害準備か

      20171213000029

       神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、横浜市の女性の首をロープ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷翔平選手に相次ぐ警戒の声
      同地区の監督が高く評価

      20171213000050

       【レークブエナビスタ(米フロリダ州)共同】米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会する..... [ 記事へ ]

      経済

      世界初の香るペチュニア タキイ「ハチミツのように甘く」

      20171213000038

       タキイ種苗(京都市下京区)は、F1品種(1代交雑種)としては世界で初めて香りのするペチ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]

      国際

      米朝のバスケット試合を計画
      ロッドマン氏、来年2月

      20171213000001

       【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元..... [ 記事へ ]