出版案内
福祉事業団

京都御苑、外国人ドローンに苦慮 無許可飛行が急増

絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)

 飛行禁止区域と知らずに外国人が観光地などで撮影のために小型無人機「ドローン」を飛ばして問題となるケースが、京都市内で相次いでいる。訪日客に法律が十分に伝わっていないのが現状で、無許可飛行が目立つ京都御苑(上京区)では、管理事務所や上京署が、英語で案内板を設置するなど対応に追われている。

 上京署によると、御苑内で確認された無許可飛行は昨年は1件だったが、今年は10件に急増した。特定できた操縦者のうち7人は外国人で、同署は20日までに航空法違反容疑で、カナダ人の女性(24)を書類送検した。近く、スペイン人ら4人も同容疑で書類送検する方針。

 特定できた外国人操縦者はいずれも「飛行禁止とは知らなかった」と説明したという。御苑には、皇族が滞在する京都御所や外国の要人らを受け入れる京都迎賓館がある。無許可飛行の増加を受け、上京署はテロ対策の面からも、日本語と英語、中国語の3カ国語でドローンの使用禁止を呼び掛けるチラシを作製し、区内の宿泊施設などに配った。御苑の管理事務所は、絵文字や英語で飛行禁止を伝える看板を設置し、8月から英語による園内放送で注意を呼び掛けている。

 改正航空法では、京都市中心部の大半は、飛行が禁止された人口密集地にあたる。清水寺(東山区)は、英語や中国語の看板などで飛行禁止を訴えているが、年に3、4件は無許可飛行が確認されるという。担当者は「多くは外国人。境内の外から飛ばされるケースもあり、対応には限界がある」と話す。

 ドローンの規制を担当する国土交通省航空局は、訪日外国人向けのホームページやポスターで、国内の利用禁止区域について周知徹底を図っているといい、「地元自治体などと連携し、適正な利用を呼び掛けたい」としている。

【 2017年09月21日 09時27分 】

ニュース写真

  • 絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      元五輪選手と会場を船巡り
      金メダル持ち記念撮影も

      20180222000074

       2020年東京五輪・パラリンピックの会場予定地を、元五輪選手と船で巡るツアーが開催され..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリングOAR銅、返還の意向
      スポーツ仲裁裁判所聴聞は中

      20180222000047

       【平昌共同】平昌冬季五輪で、禁止物質メルドニウムが検出された「ロシアからの五輪選手(O..... [ 記事へ ]

      経済

      ホンダジェットが世界首位
      17年、43機を引き渡し

      20180222000069

       ホンダは22日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年の顧客への引き渡し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大きな鼻は男らしさの証し
      テングザル調査、京大

      20180222000017

       てんぐのような鼻を持つテングザルは、鼻が大きく長いほど繁殖能力が高いとみられ、体格も良..... [ 記事へ ]

      国際

      崖下にバス転落、44人死亡
      南米ペルー

      20180222000008

       【リオデジャネイロ共同】南米ペルーからの報道によると、南部アレキパ近郊で21日未明、2..... [ 記事へ ]