出版案内
福祉事業団

ネットで名作「青空文庫」が20年 文字入力はボランティア支え

スマホなどの携帯端末で文学作品が読める「青空文庫」のトップページ
スマホなどの携帯端末で文学作品が読める「青空文庫」のトップページ

 著作権の切れた文学作品をパソコンやスマートフォンで無料で読める「青空文庫」が公開されて今月で20年になる。夏目漱石や芥川龍之介ら文豪の名作など1万4300点を収録する。ボランティアが入力や校正を重ねた成果で、中心メンバーの一人、大久保ゆうさん(35)=本名・友博、京都橘大助教=は「絶版本も含め好きな本がいつでも、どこでも読める仕組みを今後も育てたい」と志す。

■名作ずらり、入力はボランティア

 インターネットで「青空文庫」と検索し、同文庫のトップページに進めば五十音別に作品や作家を選べる。漱石なら104点、芥川なら375点を収録。スマホ用に複数のアプリがあり、好みの表示方法で読める。視覚障害者が文字を拡大したり、読み上げソフトで聞いたりもできる。

 昨年1年間でアクセスが最多だったのは宮沢賢治の「雨ニモマケズ」(24万アクセス)。漱石の「こころ」(23万)が続いた。

 4年前に61歳で亡くなったライターの富田倫生さんら4人が97年9月、森鴎外の「高瀬舟」など5点の公開から始めた。国内の著作権法では今のところ、作者の没後50年で著作権の保護期間が切れる。今年は、京都の陶芸家河井寛次郎の随筆など19人の作品が新たに加わった。来年は山本周五郎らが加わる予定だ。

 入力を担うのは、約1100に上る個人・グループのボランティア。年齢職業を問わず常時募っている。本を手元にキーボードで打つか、スキャナーで読み取って文字ファイルにする。メールで運営側に送ると複数の人が校正、点検して公開される。

 高校1年からボランティアを始めた大久保さんは、入力作業を「デジタル写経のよう」という。「大好きな本を打ち込んでいると、作者の文体や考えが分かり、すごく勉強になる」。今後は「各地の郷土作家の作品なども充実させたい」と話す。

 著作権切れの文学作品をネットで無料で読める「青空文庫」。国内著作物は従来、作者の没後50年で著作権の保護期間が切れていた(映画は公表後70年)。環太平洋連携協定(TPP)交渉で米国が強く求めて70年に延ばす改正著作権法が昨年12月の国会で成立したが、トランプ政権がTPPを離脱したことで法施行のめどが立たない状態になっている。識者は「政府は密室でなく開かれた議論で再考すべきだ」と訴える。

■TPP著作権70年「再考を」

 改正著作権法はTPP発効が施行の条件。著作権に詳しい国際日本文化研究センター(京都市西京区)の山田奨治教授は「米国の求めた著作権延長などの知的財産保護強化は白紙に戻して当然。米国抜きの協議で、知財部分の凍結を主張している国もあり、日本が表に出ないのは疑問」と指摘する。

 保護期間延長で著名作家の遺族らには印税が入り続ける利点はある。米国ではディズニーなどの著作権が切れようとすると度々延長されてきた。一方、相続権者が増えて利用許諾を取るのが難しくなったり、忘れられたりして「死蔵」する作品が増える恐れがある。

 保護期間が従来の50年の場合、2021年に三島由紀夫、22年に志賀直哉、23年に川端康成の著作権が切れる。一方、70年に延びた場合、その後、20年間は青空文庫に新しい作家が追加されなくなる。同文庫の中心メンバーの一人、大久保ゆうさん(35)は「文化の自由へ大きな害となる。作品が自由に再発見され、共有、活用できる柔軟な制度を」と求める。

 山田教授は「TPPは極端な秘密交渉で進められ、総合的な利点があるとして著作権法も改正された。しかし、一国の文化の在り方に大きく影響する著作権はそもそも貿易交渉になじまない。従来の国内議論を踏まえ、政府は再検討すべきだ」と強調する。

【 2017年09月22日 17時00分 】

ニュース写真

  • スマホなどの携帯端末で文学作品が読める「青空文庫」のトップページ
  • 「青空文庫」への入力作業をする中心メンバーの一人、大久保ゆうさん(京都市内)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      鉄道機構財源でJR支援を
      北海道知事、国に要請へ

      20171218000010

       北海道は17日、札幌市でJR北海道の不採算路線見直し問題についてフォーラムを開催し、高..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレー、6連覇狙った久光敗れる
      全日本選手権

      20171218000005

       バレーボールの全日本選手権第3日は17日、東京体育館で準々決勝が行われ、女子は6連覇を..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      各地の郷土芸能、高校生が熱演 京都で全国フェス

      20171217000107

       郷土芸能や邦楽を披露する「全国高校生伝統文化フェスティバル」(文化庁、京都府など主催)..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア、CIA情報でテロ抑止
      首脳電話会談、謝意を伝達

      20171218000015

       【モスクワ、ワシントン共同】ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領が17日、電話会談..... [ 記事へ ]