出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

木島櫻谷の大作、百年ぶり公開へ 京都で発見、修復

2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)

 明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家木島櫻谷(このしまおうこく)(1877~1938年)が手掛け、約100年ぶりに見つかった大作「かりくら」の修復が完成し、22日、櫻谷の画室があった櫻谷文庫(京都市北区)で関係者に公開された。縦250センチを超える巨大な双幅に仕立てられ、枯れ野を飛ぶように疾走する馬と武者が鮮やかな色彩でよみがえった。

 櫻谷は三条室町の商家に生まれ、文展の最高賞を獲得し、動物画の名手として知られた。1910年、第4回文展出品作「かりくら」は翌年、イタリア・ローマの万国博覧会で展示された後、行方が分からなくなっていた。4年前、泉屋博古館(左京区)の調査で、同文庫内で竹ざおに巻かれて見つかった。ひびやしみ、穴のほか、絵の具が剥落。表装もなく劣化が著しいため、住友財団の助成を受け2年がかりで修復した。

 武者たちが秋野で馬を駆って狩猟する主題で、画面の対角線を意識し、写実的な馬は目の前に飛び出しそうなほどの迫力。足元の草は速度のある筆で、風さえ感じさせる。同館の実方葉子学芸課長は「淡彩が多かった櫻谷が色彩に目覚め、濃厚な色に変わる時期。代表作につながっていくターニングポイントとなる作品」と話す。

 櫻谷のひ孫で同文庫代表理事の門田理さん(66)は「京都の町と文化に育てられた画家。ぜひ多くの人に見てほしい」と話した。「かりくら」は10月28日から同館で始まる「木島櫻谷展」で展示される。

【 2017年09月22日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      西日本豪雨で未復旧の鉄道2割
      再開に数カ月~1年以上も

      20180719000008

       西日本豪雨の影響で最大115路線が運転を休止した全国の鉄道網のうち、依然2割に当たる2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山県は10秒13で優勝
      陸上、男子100メートル

      20180719000010

       【リエージュ(ベルギー)共同】陸上の国際大会は18日、ベルギーのリエージュで行われ、男..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株5日続伸、79ドル高
      決算好感、1カ月ぶり高値

      20180719000009

       【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米金融大手が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木
      那須の動物園、残り1羽に

      20180718000071

       栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物..... [ 記事へ ]

      国際

      鳥取県がバーモント州と姉妹提携
      米東部、平井知事が協定書に

      20180719000007

       【ニューヨーク共同】鳥取県の平井伸治知事と米東部バーモント州のフィル・スコット知事(共..... [ 記事へ ]