出版案内
福祉事業団

木島櫻谷の大作、百年ぶり公開へ 京都で発見、修復

2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)

 明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家木島櫻谷(このしまおうこく)(1877~1938年)が手掛け、約100年ぶりに見つかった大作「かりくら」の修復が完成し、22日、櫻谷の画室があった櫻谷文庫(京都市北区)で関係者に公開された。縦250センチを超える巨大な双幅に仕立てられ、枯れ野を飛ぶように疾走する馬と武者が鮮やかな色彩でよみがえった。

 櫻谷は三条室町の商家に生まれ、文展の最高賞を獲得し、動物画の名手として知られた。1910年、第4回文展出品作「かりくら」は翌年、イタリア・ローマの万国博覧会で展示された後、行方が分からなくなっていた。4年前、泉屋博古館(左京区)の調査で、同文庫内で竹ざおに巻かれて見つかった。ひびやしみ、穴のほか、絵の具が剥落。表装もなく劣化が著しいため、住友財団の助成を受け2年がかりで修復した。

 武者たちが秋野で馬を駆って狩猟する主題で、画面の対角線を意識し、写実的な馬は目の前に飛び出しそうなほどの迫力。足元の草は速度のある筆で、風さえ感じさせる。同館の実方葉子学芸課長は「淡彩が多かった櫻谷が色彩に目覚め、濃厚な色に変わる時期。代表作につながっていくターニングポイントとなる作品」と話す。

 櫻谷のひ孫で同文庫代表理事の門田理さん(66)は「京都の町と文化に育てられた画家。ぜひ多くの人に見てほしい」と話した。「かりくら」は10月28日から同館で始まる「木島櫻谷展」で展示される。

【 2017年09月22日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      最新スポーツ用車いすを展示
      東京パラへ、名古屋にオープン

      20171214000147

       2020年東京パラリンピックで選手が使用することを目指し、開発が進む最新のスポーツ用車..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      14歳張本に躍進賞
      国際卓球連盟の年間表彰

      20171215000002

       【アスタナ(カザフスタン)共同】国際卓球連盟(ITTF)の年間表彰式が14日、アスタナ..... [ 記事へ ]

      経済

      解体予定、機関車いりませんか 近江鉄道、16日イベント

      20171214000135

       近江鉄道は、大正期に製造され昭和末まで活躍した電気機関車を順次解体する方針を決めた。老..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      LINEいじめ相談広がらず 大津市、登録少なく対象拡大

      20171213000155

       大津市は13日、11月から開設した無料通信アプリ「LINE(ライン)」を利用したいじめ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさ2、来年エンジン噴射
      1月から、6月には小惑星接近

      20171214000116

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げから3年..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国取材陣、暴行受け負傷
      北京、中国人警備員から

      20171214000156

       【北京、ソウル共同】北京で14日午前に開かれた中韓の貿易振興行事の会場で、文在寅大統領..... [ 記事へ ]