出版案内
福祉事業団

木島櫻谷の大作、百年ぶり公開へ 京都で発見、修復

2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)

 明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家木島櫻谷(このしまおうこく)(1877~1938年)が手掛け、約100年ぶりに見つかった大作「かりくら」の修復が完成し、22日、櫻谷の画室があった櫻谷文庫(京都市北区)で関係者に公開された。縦250センチを超える巨大な双幅に仕立てられ、枯れ野を飛ぶように疾走する馬と武者が鮮やかな色彩でよみがえった。

 櫻谷は三条室町の商家に生まれ、文展の最高賞を獲得し、動物画の名手として知られた。1910年、第4回文展出品作「かりくら」は翌年、イタリア・ローマの万国博覧会で展示された後、行方が分からなくなっていた。4年前、泉屋博古館(左京区)の調査で、同文庫内で竹ざおに巻かれて見つかった。ひびやしみ、穴のほか、絵の具が剥落。表装もなく劣化が著しいため、住友財団の助成を受け2年がかりで修復した。

 武者たちが秋野で馬を駆って狩猟する主題で、画面の対角線を意識し、写実的な馬は目の前に飛び出しそうなほどの迫力。足元の草は速度のある筆で、風さえ感じさせる。同館の実方葉子学芸課長は「淡彩が多かった櫻谷が色彩に目覚め、濃厚な色に変わる時期。代表作につながっていくターニングポイントとなる作品」と話す。

 櫻谷のひ孫で同文庫代表理事の門田理さん(66)は「京都の町と文化に育てられた画家。ぜひ多くの人に見てほしい」と話した。「かりくら」は10月28日から同館で始まる「木島櫻谷展」で展示される。

【 2017年09月22日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2年の修復を終え、よみがえった木島櫻谷「かりくら」(22日、京都市北区等持院東町・櫻谷文庫)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      シャンシャン生後130日
      ママ大好き、後追いも

      20171021000102

       上野動物園(東京都台東区)は21日、生後130日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村33位、上原は69位
      米女子ゴルフ第3日

      20171021000115

       米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権は21日、台湾北部の美麗華クラブ(パー7..... [ 記事へ ]

      経済

      イオンと生協、環境枠組み参加へ
      加工食品使用のパーム油

      20171021000090

       加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      日中首脳交流に前向き
      中国共産党幹部が会見

      20171021000082

       【北京共同】中国共産党中央対外連絡部の郭業洲副部長は21日の記者会見で、来年の日中平和..... [ 記事へ ]