出版案内
福祉事業団

水中に安置、雨乞い地蔵にほこら 京都で落慶法要

雨乞い地蔵の新しいほこらの落慶法要(城陽市観音堂)
雨乞い地蔵の新しいほこらの落慶法要(城陽市観音堂)

 京都府城陽市観音堂の常楽池で、水中に安置されている「雨乞い地蔵」の新しいほこらが完成した。このほど地元住民が参加して落慶法要が営まれた。

 地蔵は雨乞いの祈とうの時だけ、池から引き揚げられる。直近で祈とうがあったのは1994年8月で、実際に雨が降ったという。

 新しいほこらは市観光協会が整備した。高さ約2・4メートル、横幅と奥行きは各約1・2メートル。木製で金色に塗られている。法要は近くの常楽寺の江島慈心住職(33)が執り行い、同協会や観音堂自治会、観音堂農家組合などのメンバーが見守った。

 周辺はハスやカキツバタなど、豊富な湧き水を生かした花き栽培が盛ん。散歩道「花の小径」があり、同地蔵も観光に生かしていきたいという。農家組合の西川光男組合長(67)は「立派なものができた。古くから伝わる地蔵なので、いろんなところから見に来てくれるとうれしい」と話していた。

【 2017年09月23日 10時51分 】

ニュース写真

  • 雨乞い地蔵の新しいほこらの落慶法要(城陽市観音堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      防衛相、英新型空母を視察
      「いずも」との訓練に意欲

      20171216000001

       【ポーツマス共同】訪英中の小野寺五典防衛相は英南部ポーツマスで15日、英海軍の最新空母..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー元日本代表GK川口選手、高校生に熱血指導 京都

      20171215000200

       サッカー元日本代表で42歳の現在もJ3のSC相模原で現役GKとしてプレーする川口能活選..... [ 記事へ ]

      経済

      酔客ふらつき、カメラが自動検知 JR京都駅ホームに設置

      20171215000212

       JR西日本は15日、駅のホームでふらつきながら歩くなどの酔客の異常行動を自動で検知する..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      北京五輪の大会エンブレムを公開
      22年の冬季

      20171215000239

       【北京共同】中国メディアによると、北京市で15日、2022年に北京で開催される冬季五輪..... [ 記事へ ]