出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

手作り聖火が田園リレー 京都・京丹波

住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)

 京都府京丹波町の竹野地区で22日、翌日の運動会を前に竹野小児童や住民らによる「聖火リレー」が行われた。15人が、手に持ったトーチを引き継ぎ、火をおこした神社付近から会場の同小まで約2・7キロを運んだ。

 聖火リレーは、住民でつくる竹野活性化委員会と竹野小が地区運動会を共催で始めた6年前から、住民の絆を強め、運動会を共に盛り上げようと毎年実施している。

 住民らは学問の神様を祭る天満神社(新水戸)で神事を行った後、穴を開けた板に棒を通してひもでつないだ木製器具「舞錐(まいぎり)」で聖火を採取。板をリズミカルに上下に動かし、棒が勢い良く左右回転を繰り返すと摩擦で火がおこった。

 リレーは神社近くの新水戸公民館をスタートし、住民6人と6年生6人、教職員3人が聖火のともったトーチを掲げ、約20分をかけて田園風景の中を駆け抜けた。沿道には住民が並び、子どもたちを応援した。6年長谷川夢月さん(11)は「声援を受けて走ると、見慣れた通学路がいつもと違う景色に見えた」と喜んでいた。

 聖火はランタンに移し、運動会当日に手作りの聖火台にともす。

【 2017年09月23日 11時21分 】

ニュース写真

  • 住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      梅雨空に傘の花100本
      長野・軽井沢のテラス

      20180623000006

       長野県軽井沢町の「ハルニレテラス」で、空中に赤、青、黄、緑などの傘が100本ぶら下がり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ナイジェリア2―0アイスランド
      ムサが2得点

      20180623000020

       ナイジェリアが速さを生かしたムサの2得点で快勝した。前半はアイスランドの組織的な守備に..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株9日ぶり反発
      119ドル高、石油株主導

      20180623000012

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      気分はハックルベリー・フィン!小学生350人いかだ下り体験

      20180623000026

       安曇小(滋賀県高島市安曇川町田中)の全校児童約350人が22日、同町内を流れる安曇川で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      はやぶさに「クイーン」も注目
      小惑星「りゅうぐう」接近に祝

      20180623000008

       【ワシントン共同】探査機はやぶさ2が捉えた小惑星「りゅうぐう」の画像に、英ロックバンド..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]