出版案内
福祉事業団

手作り聖火が田園リレー 京都・京丹波

住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)

 京都府京丹波町の竹野地区で22日、翌日の運動会を前に竹野小児童や住民らによる「聖火リレー」が行われた。15人が、手に持ったトーチを引き継ぎ、火をおこした神社付近から会場の同小まで約2・7キロを運んだ。

 聖火リレーは、住民でつくる竹野活性化委員会と竹野小が地区運動会を共催で始めた6年前から、住民の絆を強め、運動会を共に盛り上げようと毎年実施している。

 住民らは学問の神様を祭る天満神社(新水戸)で神事を行った後、穴を開けた板に棒を通してひもでつないだ木製器具「舞錐(まいぎり)」で聖火を採取。板をリズミカルに上下に動かし、棒が勢い良く左右回転を繰り返すと摩擦で火がおこった。

 リレーは神社近くの新水戸公民館をスタートし、住民6人と6年生6人、教職員3人が聖火のともったトーチを掲げ、約20分をかけて田園風景の中を駆け抜けた。沿道には住民が並び、子どもたちを応援した。6年長谷川夢月さん(11)は「声援を受けて走ると、見慣れた通学路がいつもと違う景色に見えた」と喜んでいた。

 聖火はランタンに移し、運動会当日に手作りの聖火台にともす。

【 2017年09月23日 11時21分 】

ニュース写真

  • 住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      羽田空港で働くロボット披露
      警備や翻訳、実証実験へ

      20171212000165

       2020年東京五輪・パラリンピックに向け羽田空港のサービスを向上させようと、ロボットの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      広島の中崎が1億円突破
      「やっとプロ野球選手に」

      20171212000164

       広島の中崎翔太投手が12日、広島市のマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3千万円増の..... [ 記事へ ]

      経済

      宮城の大崎地域、世界農業遺産に
      冷害克服の稲作を国連機関が

      20171212000084

       農林水産省は12日、巧みな水管理や屋敷林により、冷害や洪水などを克服してきた宮城県大崎..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      日本学士院新会員に宮園氏ら5人
      特別職の国家公務員

      20171212000143

       日本学士院は12日、がんの増殖や転移の仕組みを解明した宮園浩平・東京大教授(61)(病..... [ 記事へ ]

      国際

      シンガポールで「EV」シェア
      渋滞緩和、千台規模に

      20171212000176

       【シンガポール共同】フランスの輸送・通信大手ボロレ・グループの子会社は12日、シンガポ..... [ 記事へ ]