出版案内
福祉事業団

手作り聖火が田園リレー 京都・京丹波

住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)

 京都府京丹波町の竹野地区で22日、翌日の運動会を前に竹野小児童や住民らによる「聖火リレー」が行われた。15人が、手に持ったトーチを引き継ぎ、火をおこした神社付近から会場の同小まで約2・7キロを運んだ。

 聖火リレーは、住民でつくる竹野活性化委員会と竹野小が地区運動会を共催で始めた6年前から、住民の絆を強め、運動会を共に盛り上げようと毎年実施している。

 住民らは学問の神様を祭る天満神社(新水戸)で神事を行った後、穴を開けた板に棒を通してひもでつないだ木製器具「舞錐(まいぎり)」で聖火を採取。板をリズミカルに上下に動かし、棒が勢い良く左右回転を繰り返すと摩擦で火がおこった。

 リレーは神社近くの新水戸公民館をスタートし、住民6人と6年生6人、教職員3人が聖火のともったトーチを掲げ、約20分をかけて田園風景の中を駆け抜けた。沿道には住民が並び、子どもたちを応援した。6年長谷川夢月さん(11)は「声援を受けて走ると、見慣れた通学路がいつもと違う景色に見えた」と喜んでいた。

 聖火はランタンに移し、運動会当日に手作りの聖火台にともす。

【 2017年09月23日 11時21分 】

ニュース写真

  • 住民の声援を受けながら、聖火をともしたトーチを手に走る児童(京丹波町高岡)(写真上)。舞錐を使って火をおこす竹野地区の住民(同町新水戸・天満神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      海自、投棄タンク「大部分回収」
      青森の湖捜索で

      20180225000125

       海上自衛隊は25日、米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が青森県東北町の小川原湖..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米ゴルフ上原42位、コルダV
      成田44位、野村66位

      20180225000130

       米女子ゴルフのホンダLPGAは25日、タイ・パタヤのサイアムCC(パー72)で最終ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      訪韓反対派が橋封鎖
      「殺人犯を逮捕せよ」

      20180225000088

       【坡州共同】「殺人犯を逮捕せよ」「文在寅大統領を解任せよ」。北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副..... [ 記事へ ]