出版案内
福祉事業団

粟田神社「大燈呂」復活10年 2メートル巨大提灯、住民制作

復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)
復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)

 粟田神社(京都市東山区)の秋の大祭を彩る大型の灯籠「大燈呂(だいとうろう)」が180年ぶりに復活して、今年で10年を迎える。節目を記念して来月の大祭では、地元住民も参加して作った高さ約2メートルの提灯が先頭を飾る。

 室町時代の日記にも登場する大燈呂は、見物人が殺到して事故が起きたため約180年前に途絶えたとされ、2008年の大祭で復活した。

 京都造形芸術大(左京区)の学生が協力し、最初の年は5基を作って大祭の夜渡り神事で巡行した。その後、大燈呂の数は少しずつ増え、現在は地域の伝承などを基に作られた10基が地域を練り歩いている。

 復活10年を迎える今年は、蹴上の義経地蔵にちなんだ灯籠や、来年の干支(えと)の犬をかたどった灯籠などとともに、「粟田大燈呂十周年記念」と書かれた高さ約2メートルの提灯と、子どもの提灯行列が加わる。

 大型提灯は、京都造形芸術大の構内で形を作った後、元白川小(東山区)に持ち込み、今月14日に住民ら約20人が「粟田大燈呂」の文字に墨を入れて完成させた。

 粟田大燈呂実行委員会の前田嘉右衞門会長は「復活当初はどこまで続くか心配だったが、あっという間の10年だった。実行委のメンバーも増え、今後はいっそう盛り上げていきたい」と話している。

 今年の粟田神社の大祭は10月8日夜に夜渡り神事があり、前日の7日の「出御祭(おいでまつり)」の際には参道に火をともした大燈呂が並ぶ。

【 2017年09月26日 09時03分 】

ニュース写真

  • 復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ロシア軍幹部、米軍訓練をけん制
      小野寺氏の対北朝鮮での連携

      20171211000116

       小野寺五典防衛相は11日、ロシア軍のゲラシモフ参謀総長と防衛省で会談し、北朝鮮問題への..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オリ金子、現状維持の5億円
      現時点の球界最高年俸

      20171211000109

       オリックスの金子千尋投手(34)が11日、大阪市内の球団施設で、現時点で球界最高額とな..... [ 記事へ ]

      経済

      今年の最優秀車にボルボのSUV
      輸入車で2度目の受賞

      20171211000138

       自動車雑誌の編集者らで構成する実行委員会は11日、この1年間の最も優れた車に贈る賞「日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境と調和の都市文明へ宣言 京都議定書20周年

      20171211000074

       先進国に温室効果ガスの削減義務を課す京都議定書の誕生20周年を記念する「地球環境京都会..... [ 記事へ ]

      国際

      「中朝対立」報道で公明党に抗議
      共産党序列4位の発言隠蔽図

      20171211000105

       【北京共同】中国共産党序列4位の汪洋副首相が1日、北京で公明党の山口那津男代表と会談し..... [ 記事へ ]