出版案内
福祉事業団

旧海軍駆逐艦の砲身、若者ら引き揚げ 京都・舞鶴で展示目指す

引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)
引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)

 第2次世界大戦中に南太平洋で沈んだ旧海軍の駆逐艦「菊月」の砲身が現地で引き揚げられ、建造の地の舞鶴市で修理が行われている。引き揚げを企画した府内外の若者たちは、市内での展示を希望している。

 広島県呉市の大和ミュージアム(市海事歴史科学館)などによると、菊月は1926年に舞鶴海軍工廠(こうしょう)で建造。佐世保鎮守府(長崎県佐世保市)に所属し、42年にソロモン諸島沖で米軍の攻撃を受け、放棄された。現在も海上から船体を確認できる。

 中心になったのは、金属器具・道具店従業員佐瀬賢太郎さん(20)=千葉県山武市。祖父が特攻隊員だったことから旧海軍の艦艇に関心があり、菊月の存在を知って2015年に現地を訪問。「一部でも日本で保存したい」と考え、16年に一般社団法人「菊月保存会」を設立し、本格的に活動を始めた。

 メンバーは会員制交流サイト(SNS)などを通して集まった京都や大阪、愛知などの10~60代の大学生や会社員ら約20人。活動資金はインターネットを使ったクラウドファンディングで募った。メンバーで舞鶴市出身の花園大4年安田航太さん(22)=京都市中京区=は「ブログで知って興味を持った。地元の人間として何かしたいと思った」と語る。

 現地に渡航を重ねて政府や地主らから許可を得て、6月に長さ5・6メートル、重さ3トンの主砲の第4砲身をクレーンなどで引き揚げ、輸送船と車で9月に舞鶴市に運搬。舞鶴海軍工廠が前身の造船会社で、さびの除去や塗装をしている。

 佐瀬さんは「最初は『引き揚げなんてできないだろう』という批判があったが、多くの支援があり、菊月の故郷に帰すことができた。戦争を伝える資料として活用してほしい」と話す。

【 2017年09月28日 11時42分 】

ニュース写真

  • 引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      福井の川に男児遺体、不明3歳か
      「事件性低い」

      20180119000130

       19日午前9時50分ごろ、福井県坂井市三国町新保の九頭竜川の河川敷で、釣りに来ていた7..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー日本、8強止まり
      準々決勝でウズベクに0―4

      20180119000147

       【江陰(中国)共同】サッカーのU―23(23歳以下)アジア選手権第10日は19日、中国..... [ 記事へ ]

      経済

      7カ月ぶり、景気判断引き上げ
      政府「緩やかに回復」

      20180119000137

       政府は19日、1月の月例経済報告を発表し、景気判断を「緩やかに回復している」に引き上げ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      人為的感染、あったのか <元731部隊 調書を読み解く>

      20180118000154

       米国側が秘密裏に、旧満州のハルビン近郊にあった関東軍防疫給水部「731部隊」関係者を尋..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      サンゴ、高水温で白化続く
      沖縄や奄美、環境省調査

      20180119000141

       環境省は19日、沖縄県石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で、白化現..... [ 記事へ ]

      国際

      プーチン氏、氷点下で沐浴
      ロシア正教伝統行事

      20180119000139

       【モスクワ共同】ロシア正教で「主の洗礼祭」に当たる19日、凍結した海や川、湖などの氷を..... [ 記事へ ]