出版案内
福祉事業団

平等院の観音像、元は来迎菩薩か 京都、姿勢など変化

当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)
当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)

 平等院(京都府宇治市宇治)は6日、塔頭の浄土院に伝わる木造聖観音菩薩立像(平安時代後期)について、制作当初は珍しい来迎菩薩(ぼさつ)立像だった可能性が高いことが分かった、と発表した。死者を迎えに行く姿の来迎菩薩としての特徴が、修理の過程で見つかった。

 聖観音菩薩立像は高さ109センチで、文化財の指定は受けていない。近世の史料には「関白頼通卿本尊」と記される場合もあり、平等院を創建した藤原頼通との関連をうかがわせる。

 2015年から公益財団法人美術院(京都市下京区)で修理と詳細な調査をしたところ、たなびいた着衣の形や、背中に髪がかかっていた痕跡を確認した。前方から風を受ける様子を表しているとみられる。

 現在は直立姿勢だが、左足を一歩踏み出している造形から本来は前傾姿勢だったことも分かった。また現状は左手に蓮華(れんげ)を持っているが、脇の角度から、両手を前方に突き出していた可能性があるという。

 後世の修理などで形状が変わったとみられ、元は魂を乗せる蓮台を両手に持ち、雲に乗って死者を迎えに行く来迎菩薩だったと推定した。立像の来迎菩薩は制作に高い技術力が必要なため例が少なく、修理を担当した美術院の木下成通技師は「当時の一流の腕を持つ人物が彫ったのでは」とする。

 来迎菩薩は、阿弥陀如来と一緒に安置される場合が多い。鳳凰堂の本尊、阿弥陀如来坐像(国宝)の横にあった可能性もあり、平等院の太田亜希学芸員は「鳳凰堂の空間としての意義付けにも影響する。今後も研究を続けたい」と話す。

 調査結果を踏まえ、当初の来迎菩薩としての姿を想定した復元図を作成した。一方、これまでに何度も修理が重ねられ、当初の姿を再現するのは難しいことから、仏像自体は聖観音菩薩立像として復元した。

 いずれも7日から平等院ミュージアム鳳翔館で始まる特別展で一般公開される。来年1月12日まで。拝観料が必要。

【 2017年10月06日 23時03分 】

ニュース写真

  • 当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)
  • 来迎菩薩立像の想定復元図=平等院提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      チェコ、富豪の中道右派が第1党
      不正疑惑で連立協議難航も

      20171022000020

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、開票が終了、統計局によると現政権の連..... [ 記事へ ]