出版案内
福祉事業団

平等院の観音像、元は来迎菩薩か 京都、姿勢など変化

当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)
当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)

 平等院(京都府宇治市宇治)は6日、塔頭の浄土院に伝わる木造聖観音菩薩立像(平安時代後期)について、制作当初は珍しい来迎菩薩(ぼさつ)立像だった可能性が高いことが分かった、と発表した。死者を迎えに行く姿の来迎菩薩としての特徴が、修理の過程で見つかった。

 聖観音菩薩立像は高さ109センチで、文化財の指定は受けていない。近世の史料には「関白頼通卿本尊」と記される場合もあり、平等院を創建した藤原頼通との関連をうかがわせる。

 2015年から公益財団法人美術院(京都市下京区)で修理と詳細な調査をしたところ、たなびいた着衣の形や、背中に髪がかかっていた痕跡を確認した。前方から風を受ける様子を表しているとみられる。

 現在は直立姿勢だが、左足を一歩踏み出している造形から本来は前傾姿勢だったことも分かった。また現状は左手に蓮華(れんげ)を持っているが、脇の角度から、両手を前方に突き出していた可能性があるという。

 後世の修理などで形状が変わったとみられ、元は魂を乗せる蓮台を両手に持ち、雲に乗って死者を迎えに行く来迎菩薩だったと推定した。立像の来迎菩薩は制作に高い技術力が必要なため例が少なく、修理を担当した美術院の木下成通技師は「当時の一流の腕を持つ人物が彫ったのでは」とする。

 来迎菩薩は、阿弥陀如来と一緒に安置される場合が多い。鳳凰堂の本尊、阿弥陀如来坐像(国宝)の横にあった可能性もあり、平等院の太田亜希学芸員は「鳳凰堂の空間としての意義付けにも影響する。今後も研究を続けたい」と話す。

 調査結果を踏まえ、当初の来迎菩薩としての姿を想定した復元図を作成した。一方、これまでに何度も修理が重ねられ、当初の姿を再現するのは難しいことから、仏像自体は聖観音菩薩立像として復元した。

 いずれも7日から平等院ミュージアム鳳翔館で始まる特別展で一般公開される。来年1月12日まで。拝観料が必要。

【 2017年10月06日 23時03分 】

ニュース写真

  • 当初は来迎菩薩立像だった特徴や痕跡が見つかった聖観音菩薩立像(宇治市宇治・浄土院)
  • 来迎菩薩立像の想定復元図=平等院提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      被爆体験者の敗訴確定
      最高裁、387人認めず

      20171218000080

       原爆投下時に国が指定する地域の外にいたため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]

      国際

      ホンジュラス、現職大統領が再選
      野党側抗議デモ激化か

      20171218000043

       【サンティアゴ共同】中米ホンジュラスの選挙管理当局は17日、11月26日に投開票された..... [ 記事へ ]