出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

種子島と国友、鉄砲の絆30年 滋賀・長浜城博で記念展

国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)
国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)

 鹿児島県西之表市と滋賀県長浜市の友好都市30周年を記念する企画展示「種子島から国友へ 鉄砲でつながる友好の絆」が14日、長浜市公園町の長浜城歴史博物館で始まった。長浜の国友鉄砲鍛冶が残した江戸期の火縄銃や古文書が展示されている。

 1543年に種子島に伝来した鉄砲の製造技術は、国友や堺などに伝えられ、国友は鉄砲の一大産地として発展した。種子島にある西之表市と長浜市は、鉄砲ゆかりのまちとして1987年に友好都市の盟約を結んだ。

 会場には計12点を展示。国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物「国友鉄炮記」(江戸中期)は、伝来から間もなく織田信長から500丁の注文を受けたことが記されている。また長浜城主となった羽柴秀吉が国友鉄砲鍛冶の首領に領地百石を与え、鉄砲製作に励むよう命じた「羽柴秀吉書状 国友藤二郎宛」(1574年)や、科学者として知られる国友一貫斎が弟と製作したと伝わる火縄銃(1819年)、騎乗しながら片手で操作する馬上筒(江戸後期)もある。

 同館の井並悦子学芸員(29)は「天下人の活躍を支えた国友鍛冶の高い技術を知る機会になれば」と話している。10月23日まで(無休)。有料。

【 2017年10月09日 15時00分 】

ニュース写真

  • 国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      架空請求はがき、京都で大量に送付 裁判におわせ現金詐取

      20180625000195

       法務省などをかたった架空請求はがきが、京都府内の高齢者宅に大量に送りつけられている。「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯、スイスのシャカらに罰金
      セルビア戦でのゴール後の行動

      20180626000009

       【モスクワ共同】国際サッカー連盟(FIFA)規律委員会は25日、スイスのシャカとシャキ..... [ 記事へ ]

      経済

      東京海上、アジア強化へM&A
      収益源を多様化

      20180626000001

       東京海上ホールディングスの永野毅社長(65)は25日までに共同通信のインタビューに応じ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      放射線監視装置の撤去先送りも
      説明会で反対意見相次ぎ、福島

      20180625000176

       原子力規制委員会は25日、東京電力福島第1原発事故後に福島県内に設置した放射線監視装置..... [ 記事へ ]

      国際

      EU、トルコ選挙を疑問視の声明
      非常事態宣言下、報道の自由

      20180626000008

       【ブリュッセル共同】トルコ大統領選でエルドアン氏が再選されたことについて、欧州連合(E..... [ 記事へ ]