出版案内
福祉事業団

ハラール食材でラーメン作り楽しんで 京都に新施設、祈祷室も

自分たちで作ったハラール対応のラーメンを食べるイスラム教徒の学生たち(京都市東山区・ラーメンファクトリー)
自分たちで作ったハラール対応のラーメンを食べるイスラム教徒の学生たち(京都市東山区・ラーメンファクトリー)

 日本を訪れる外国人観光客に人気のラーメンを、自分で作って楽しめる体験施設「ラーメンファクトリー」が14日、京都市東山区の東福寺近くにオープンする。材料となる食材はイスラム教徒のハラール食に対応したものを使い、お祈りを行う祈祷室も併設した。このほどイスラム教徒の学生たちを招いたプレオープンの催しが開かれ、参加者は初体験のラーメン作りを楽しんだ。

 外国人観光客向けのラーメン店を市内で手掛けるジャパンフードエンターテイメント(左京区)が運営する。設計にはインドネシア出身のイスラム教徒の意見を取り入れ、男女別の仕切りのある祈祷室や、ウドゥー(礼拝前の清浄)のためのシャワールームを設けるなど、ムスリムフレンドリーな施設を目指した。スープに使う鶏ガラや焼豚の代わりに用いる鶏肉のほか、みそ、しょう油など全てハラール認証を受けた食材を使用している。現在、京都ハラール評議会にレストラン・店舗認証の申請を行っている。

 ラーメン作り体験では、小麦粉をこねて麺を作るところから行う。塩、しょう油、みその中から好きな味のスープを選び、麺をゆで、ゆで卵やネギなどの具材をトッピングして参加者が自分好みの1杯を仕上げる。各工程を写真で紹介したマニュアルを用意し、英語や中国語に対応したスタッフがサポートする。

 参加したマレーシア出身の京都大大学院2年パン・スィウ・ティンさん(26)は「ラーメンはマレーシアでも時々食べるけど、日本の方がおいしい。麺をこねるのが大変でしたが、おいしくできてうれしい」と話した。

 同社の宮澤心代表取締役(33)は「海外から日本を訪れる観光客には食事を楽しみにしている人も多い。今後ますます増えていくだろうムスリムの方も含め、世界中の人にラーメンを楽しんでもらいたい」と話している。

 ラーメン作り体験は1人2500円~。全36席、団体客の受け入れも可能。問い合わせはラーメンファクトリー075(741)7104。

【 2017年10月12日 12時15分 】

ニュース写真

  • 自分たちで作ったハラール対応のラーメンを食べるイスラム教徒の学生たち(京都市東山区・ラーメンファクトリー)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      JR京浜東北線、復旧に7時間
      架線トラブル、影響22万人

      20171216000093

       JR京浜東北線で架線が切れたトラブルでJR東日本は16日夕、上下線の一部区間で運行を見..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ千葉、三河、琉球など勝つ
      男子Bリーグ

      20171216000131

       バスケットボール男子のBリーグは16日、船橋市総合体育館などで9試合が行われ、東地区の..... [ 記事へ ]

      経済

      葉っぱビジネスの経験伝授
      徳島「いろどり」、農業活性化へ

      20171216000092

       和食に添える葉や花などの「つまもの」を高齢者が商品化する「葉っぱビジネス」で知られる徳..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、「一帯一路」推進呼び掛け
      閣僚級、日本側に

      20171216000112

       【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北..... [ 記事へ ]