出版案内
福祉事業団

清少納言の衣装、紅色引き立つ 京都・時代祭

新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)
新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

 京都三大祭りの一つ、時代祭に使用される衣装の一部が新調され、12日に京都市左京区の平安神宮でお披露目された。平安時代婦人列の清少納言が身に付ける「十二単(ひとえ)」が一新され、時代行列に華やかさを添える。

 清少納言の衣装の新調は27年ぶり。このうち、最も上に着る唐衣(からぎぬ)や、その内側の打衣(うちぎぬ)の一部には、光沢を出す「板引(いたびき)」という伝統技法が用いられ、紅色が引き立つ仕上がりとなった。スカート状の裳(も)には、松や海辺の絵柄が描かれている。

 また、幕末に活躍し維新志士列に登場する三条実美(さねとみ)の父実万(さねつむ)の衣装は、公家装束の直衣(のうし)やはかまの一種の指貫袴(さしぬきのはかま)を新調した。時代祭を主催する平安講社によると、これらに加えて豊公参朝列の武将増田長盛(ましたながもり)の袍(ほう)など計213点を約520万円かけて新しくしたという。

 時代考証を担当する猪熊兼勝・京都橘大名誉教授は「忠実に再現されており、風俗史の歩く論文と言える行列だ」と話した。

 時代祭の行列は22日正午に京都御苑を出発する。雨天の場合は23日に順延される。

【 2017年10月12日 23時20分 】

ニュース写真

  • 新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      被爆体験者の敗訴確定
      最高裁、387人認めず

      20171218000080

       原爆投下時に国が指定する地域の外にいたため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]

      国際

      ホンジュラス、現職大統領が再選
      野党側抗議デモ激化か

      20171218000043

       【サンティアゴ共同】中米ホンジュラスの選挙管理当局は17日、11月26日に投開票された..... [ 記事へ ]