出版案内
福祉事業団

清少納言の衣装、紅色引き立つ 京都・時代祭

新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)
新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

 京都三大祭りの一つ、時代祭に使用される衣装の一部が新調され、12日に京都市左京区の平安神宮でお披露目された。平安時代婦人列の清少納言が身に付ける「十二単(ひとえ)」が一新され、時代行列に華やかさを添える。

 清少納言の衣装の新調は27年ぶり。このうち、最も上に着る唐衣(からぎぬ)や、その内側の打衣(うちぎぬ)の一部には、光沢を出す「板引(いたびき)」という伝統技法が用いられ、紅色が引き立つ仕上がりとなった。スカート状の裳(も)には、松や海辺の絵柄が描かれている。

 また、幕末に活躍し維新志士列に登場する三条実美(さねとみ)の父実万(さねつむ)の衣装は、公家装束の直衣(のうし)やはかまの一種の指貫袴(さしぬきのはかま)を新調した。時代祭を主催する平安講社によると、これらに加えて豊公参朝列の武将増田長盛(ましたながもり)の袍(ほう)など計213点を約520万円かけて新しくしたという。

 時代考証を担当する猪熊兼勝・京都橘大名誉教授は「忠実に再現されており、風俗史の歩く論文と言える行列だ」と話した。

 時代祭の行列は22日正午に京都御苑を出発する。雨天の場合は23日に順延される。

【 2017年10月12日 23時20分 】

ニュース写真

  • 新調された清少納言(左)や三条実万(中央)、増田長盛の衣装(12日午後2時、京都市左京区・平安神宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      チェコ、富豪の中道右派が第1党
      不正疑惑で連立協議難航も

      20171022000020

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、開票が終了、統計局によると現政権の連..... [ 記事へ ]