出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

筆で着物に絵柄「手描きカチン」 滋賀・甲賀、絵師宅で作品展示

手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)
手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)

 筆を使い墨で着物の絵柄を描く「手描きカチン」の絵師である岡根美貴雄さん(68)の作品の展示が13日、滋賀県甲賀市甲南町竜法師の自宅で始まった。着物全体に施す総柄の手描きカチンの「国内最後の職人」とされ、繊細な技術を見ることができる。

 手描きカチンは、生地に線を一本一本手描きして柄を完成させる技法で、以前から少量しか出回らない貴重な着物だったという。京都で手描き友禅職人の経験もある岡根さんは40歳頃、業者から依頼を受けて技法を独学で習得した。

 反物にアオバナ液で描いた下絵を元に墨で本描きし、蒸して色止めする。白い絹に細かい線でボタンの花柄や幾何学模様を描き、総柄なら一つの着物に2カ月ほどかかる。現在は東京の百貨店などで販売。取引先や顧客から「総柄の手描きカチンを描けるのは日本で岡根さんだけ」と言われるという。

 帯で約30万円から、着物で最高150万円の高級品だが、岡根さんは「しきたりや立場で着るのではなく、自己表現のための着物になれば」と話す。15日まで。午前11時~午後5時。

【 2017年10月14日 12時21分 】

ニュース写真

  • 手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)
  • 手描きカチンのボタンの花の絵柄
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      横浜で「宇都宮餃子祭り」
      16店、魅力アピール

      20180420000122

       宇都宮市のギョーザ店16店舗が集まる「宇都宮餃子祭り」が20日、横浜市中区の横浜赤レン..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      春巡業、関脇栃ノ心は順調
      大関とりへ「やってやる」

      20180420000127

       大相撲の春巡業は20日、東京都町田市で行われ、夏場所(5月13日初日・両国国技館)で初..... [ 記事へ ]

      経済

      「昭和」の競輪場、台湾人集客 京都向日町、老朽化逆手に

      20180420000028

       京都向日町競輪場(京都府向日市寺戸町)は、外国人観光客を呼び込もうと、日本の文化やレジ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      巨大ナメクジ1都7県に拡大か 京大助教が目撃情報収集

      20180420000115

       雨上がり、外に出てふと物陰を見るとのっそりはっている姿に気づきぞっとする-。ナメクジが..... [ 記事へ ]

      国際

      22日にパラグアイ大統領選
      中道右派候補が圧倒的優勢

      20180420000113

       【ハバナ共同】南米パラグアイで22日、カルテス大統領の任期満了に伴う大統領選が行われる..... [ 記事へ ]