出版案内
福祉事業団

筆で着物に絵柄「手描きカチン」 滋賀・甲賀、絵師宅で作品展示

手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)
手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)

 筆を使い墨で着物の絵柄を描く「手描きカチン」の絵師である岡根美貴雄さん(68)の作品の展示が13日、滋賀県甲賀市甲南町竜法師の自宅で始まった。着物全体に施す総柄の手描きカチンの「国内最後の職人」とされ、繊細な技術を見ることができる。

 手描きカチンは、生地に線を一本一本手描きして柄を完成させる技法で、以前から少量しか出回らない貴重な着物だったという。京都で手描き友禅職人の経験もある岡根さんは40歳頃、業者から依頼を受けて技法を独学で習得した。

 反物にアオバナ液で描いた下絵を元に墨で本描きし、蒸して色止めする。白い絹に細かい線でボタンの花柄や幾何学模様を描き、総柄なら一つの着物に2カ月ほどかかる。現在は東京の百貨店などで販売。取引先や顧客から「総柄の手描きカチンを描けるのは日本で岡根さんだけ」と言われるという。

 帯で約30万円から、着物で最高150万円の高級品だが、岡根さんは「しきたりや立場で着るのではなく、自己表現のための着物になれば」と話す。15日まで。午前11時~午後5時。

【 2017年10月14日 12時21分 】

ニュース写真

  • 手描きカチンの総柄の着物と岡根さん(甲賀市甲南町竜法師)
  • 手描きカチンのボタンの花の絵柄
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]