出版案内
福祉事業団

北山杉と鞍馬火祭、伝統継承へタッグ 京都で工芸品展

北山杉の木羽で作った松明や工芸品を紹介する「鞍馬の火祭と北山杉」展(左京区役所)
北山杉の木羽で作った松明や工芸品を紹介する「鞍馬の火祭と北山杉」展(左京区役所)

 鞍馬の火祭で使われる松明(たいまつ)の実物や北山杉の磨(みがき)丸太で作った工芸品の展示が、京都市左京区役所で行われている。今年の火祭では、新たに北山杉を薄く削った材(木羽(こば))を用いた松明が使われることになっていて、京都産木材を伝統の祭りに生かす試みの一端に触れられる。

 京都大や京都造形芸術大の学生や教員、北山杉生産者らでつくる「北山杉と木羽のデザイン会議」の主催。2015年秋に発足した同会議は、北山杉の伝統を未来につなぐ活動を続けており、取り組みの内容を広く知ってもらう目的で展示を企画した。

 火祭に欠かせない松明は、伝統的にスギ材で作られていた。だが近年は木羽に適した材の入手が困難になり、木羽作りの職人も減少していることから、ベニヤ板が使われるようになっていたという。

 こうした現状に対し、会議では北山杉の木羽の活用を提案。祭りの関係者らも賛同した結果、北山杉の産地である北区・中川地域と火祭を行う左京区・鞍馬地域の伝統をともに取り入れた松明が誕生した。

 会場には、中川の住民が作った杉玉や鞍馬の火祭を描いた絵も展示され、会議の代表を務める深町加津枝・京都大地球環境学堂准教授は「山間部同士が、互いの伝統文化をつなげるために協力した例はほとんどないのでは」と話す。20日まで。

【 2017年10月14日 17時00分 】

ニュース写真

  • 北山杉の木羽で作った松明や工芸品を紹介する「鞍馬の火祭と北山杉」展(左京区役所)
  • 勇壮な鞍馬の火祭(2016年10月22日)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      韓国大統領、早期訪日に意欲
      公明代表、首相親書手渡す

      20171123000086

       【ソウル共同】公明党の山口那津男代表は23日、韓国の文在寅大統領とソウルで会談し、日本..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西武の牧田、条件次第では残留も
      ポスティングでの米移籍

      20171123000103

       ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す西武の牧田和久投手(33)が23日..... [ 記事へ ]

      経済

      手もみ5時間、製茶技術競う 京都・宇治で全国大会

      20171123000092

       手もみによる製茶技術を競う全国大会が22日、京都府宇治市宇治の宇治茶会館などで催された..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、性別決める鍵遺伝子発見
      環境要因で性別が変わるミジ

      20171123000072

       生息場所の個体密度や温度などの環境要因で性別が変わる微小生物「ミジンコ」の性別を決める..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、早速ゴルフか
      「仕事する」ツイート後

      20171123000078

       【ワシントン共同】感謝祭の休暇を過ごすため21日に米南部フロリダ州パームビーチの高級別..... [ 記事へ ]