出版案内
福祉事業団

オタク文化と信楽焼のコラボ ロボや戦艦、滋賀・甲賀で作品展

谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)

 信楽焼の若手作家らが陶器と「オタク文化」を組み合わせ、ロボットや戦艦、戦車など自分たちの好きなものを表現したユニークな作品展「ファンタスティックフェスティバル」が20日、滋賀県甲賀市信楽町長野の窯元「壺(つぼ)八」(大器の器)で始まった。

 同窯元取締役の奥田大器さん(36)が、個人作家の谷陶択さん(30)と一緒に、今年2月に幕張メッセ(千葉県)で開かれたフィギュアなどの展示販売会に陶器ロボット(高さ約15センチ)を出品。好評だったため、ミリタリー(軍事)ものや爬虫(はちゅう)類が好きなほかの2人の作家らに声をかけて初めて企画した。

 ロボットは石膏(こう)型で胴体や手足などのパーツを作り、組み合わせて焼いた。谷さんは「人が乗って操縦する戦闘ロボットをイメージした。2本足で立たせるのが技術的に難しく支えを作るなど工夫した」と話す。

 大砲やレーダーも実物通りに再現した戦艦大和(全長2メートル40センチ)のほか、旧ドイツ軍と旧ソ連軍の戦車(同60センチと同40センチ)、ペットのトカゲやカメ用に作ったシェルター(家)など約50点が並ぶ。

 奥田さんは「今後も信楽焼の枠にはまらない表現を探り、見せていきたい」と意気込む。22日まで。午前9時~午後5時半(22日は午後4時まで)。壺八0748(82)0186。

【 2017年10月21日 10時10分 】

ニュース写真

  • 谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
  • 全長2メートル40センチの陶器で制作した戦艦大和
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      新公文書館の建設計画案判明
      政府、480億円に費用圧縮

      20171119000004

       政府による新たな国立公文書館の建設計画原案が18日、判明した。当初最大850億円とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー日本、トンガに快勝
      フランス遠征初戦

      20171119000006

       【トゥールーズ(フランス)共同】ラグビー日本代表は18日、フランス遠征の初戦としてトゥ..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      米、温暖化監視衛星を投入
      異常気象の予測精度向上

      20171118000116

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は18日、地球温暖化を監視する観測衛星「JP..... [ 記事へ ]

      国際

      軍司令官、ムガベ氏と面会へ
      退陣迫る、ジンバブエ

      20171119000010

       【ハラレ共同】ジンバブエの国営放送は18日、軍司令官らが自宅軟禁下のムガベ大統領(93..... [ 記事へ ]