出版案内
福祉事業団

オタク文化と信楽焼のコラボ ロボや戦艦、滋賀・甲賀で作品展

谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)

 信楽焼の若手作家らが陶器と「オタク文化」を組み合わせ、ロボットや戦艦、戦車など自分たちの好きなものを表現したユニークな作品展「ファンタスティックフェスティバル」が20日、滋賀県甲賀市信楽町長野の窯元「壺(つぼ)八」(大器の器)で始まった。

 同窯元取締役の奥田大器さん(36)が、個人作家の谷陶択さん(30)と一緒に、今年2月に幕張メッセ(千葉県)で開かれたフィギュアなどの展示販売会に陶器ロボット(高さ約15センチ)を出品。好評だったため、ミリタリー(軍事)ものや爬虫(はちゅう)類が好きなほかの2人の作家らに声をかけて初めて企画した。

 ロボットは石膏(こう)型で胴体や手足などのパーツを作り、組み合わせて焼いた。谷さんは「人が乗って操縦する戦闘ロボットをイメージした。2本足で立たせるのが技術的に難しく支えを作るなど工夫した」と話す。

 大砲やレーダーも実物通りに再現した戦艦大和(全長2メートル40センチ)のほか、旧ドイツ軍と旧ソ連軍の戦車(同60センチと同40センチ)、ペットのトカゲやカメ用に作ったシェルター(家)など約50点が並ぶ。

 奥田さんは「今後も信楽焼の枠にはまらない表現を探り、見せていきたい」と意気込む。22日まで。午前9時~午後5時半(22日は午後4時まで)。壺八0748(82)0186。

【 2017年10月21日 10時10分 】

ニュース写真

  • 谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
  • 全長2メートル40センチの陶器で制作した戦艦大和
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      平昌開幕前日に北朝鮮公演か
      2月8日、軍パレード兆候

      20180123000190

       【ソウル共同】韓国統一省によると、北朝鮮は23日、平昌冬季五輪に合わせて行う「三池淵管..... [ 記事へ ]