出版案内
福祉事業団

深みある色味「西陣御召」追求 京都、野中健二展

「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)
「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)

 西陣御召(おめし)の可能性を追求し、今年3月に60歳で急逝した織元の男性をしのぶ「野中健二展」が20日、京都市上京区の着物店「DENIMUDOSU西陣本店」で始まった。

 御召は絹織物の一種で、精練後に染色した糸で織り上げる。強いよりをかけるため、柔らかくコシのある肌触りや、かすかに出現するシボが特徴。野中さんは、西陣御召織元「秦流舎」2代目として、色無地や先染めの織物を積極的に発表してきた。

 作品展は3部構成で、有職文様を基本としていた1980年代の作品、シンプルながら趣向を凝らした近年の織り、野中さんの死後に新たに発表した反物など計40点が並んでいる。

 20年ほど前に発表した作品は、一見すると白と黒のモノトーンだが、5色の糸を用いて深みのある色味を表現しているといい、高度な染色、製織技術の一端に触れられる。

 現社長を務める妻の順子さん(58)は「夫亡き後、変わらずものづくりが続けられるのは、西陣の分業体制があったからこそ。この街に感謝しつつ今後も新たな御召を提案したい」と話している。展示は22日まで。

【 2017年10月21日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      噴火の前兆活動、観測されず
      想定外の火口、気象庁監視強化へ

      20180123000129

       気象庁の斎藤誠火山課長は23日、草津白根山の噴火を受けた記者会見で「噴火の前に火山活動..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全豪OP、マクラクラン組が4強
      男子複で日本勢63年ぶり

      20180123000101

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第9日は23日、メルボルンで行われ、男子ダブルス..... [ 記事へ ]

      経済

      自動運転隊列トラックの実証実験
      静岡・新東名高速で

      20180123000127

       日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      ナオミ・フラリーさん死去
      有名戦時ポスターのモデル

      20180123000145

       ナオミ・フラリーさん(女性労働者を描いた有名なプロパガンダ・ポスターのモデル)20日、..... [ 記事へ ]