出版案内
福祉事業団

深みある色味「西陣御召」追求 京都、野中健二展

「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)
「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)

 西陣御召(おめし)の可能性を追求し、今年3月に60歳で急逝した織元の男性をしのぶ「野中健二展」が20日、京都市上京区の着物店「DENIMUDOSU西陣本店」で始まった。

 御召は絹織物の一種で、精練後に染色した糸で織り上げる。強いよりをかけるため、柔らかくコシのある肌触りや、かすかに出現するシボが特徴。野中さんは、西陣御召織元「秦流舎」2代目として、色無地や先染めの織物を積極的に発表してきた。

 作品展は3部構成で、有職文様を基本としていた1980年代の作品、シンプルながら趣向を凝らした近年の織り、野中さんの死後に新たに発表した反物など計40点が並んでいる。

 20年ほど前に発表した作品は、一見すると白と黒のモノトーンだが、5色の糸を用いて深みのある色味を表現しているといい、高度な染色、製織技術の一端に触れられる。

 現社長を務める妻の順子さん(58)は「夫亡き後、変わらずものづくりが続けられるのは、西陣の分業体制があったからこそ。この街に感謝しつつ今後も新たな御召を提案したい」と話している。展示は22日まで。

【 2017年10月21日 21時00分 】

ニュース写真

  • 「2人で考えて20年ほど前に発表した作品です」と話す野中順子さん(京都市上京区・DENIMUDOSU西陣本店)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      女が申告、「4人産み落とした」
      死体遺棄容疑で逮捕、寝屋川

      20171120000142

       20日午前9時半ごろ、大阪府寝屋川市でパートの女(53)が交番に「4人の乳児を産み落と..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀、ホーム5連勝ならず バスケBリーグ

      20171120000171

       プロバスケットボールのBリーグは20日、ウカルちゃんアリーナで1試合を行い、滋賀レイク..... [ 記事へ ]

      経済

      金型加工、IoTで効率化 オムロンが実証実験公開

      20171120000161

       オムロンは20日、多様なモノがインターネットにつながる「IoT」を工場自動化(FA)に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      デジタル断食で健康増進を 京大、朝原さんらパネル討論

      20171120000143

       学生や教職員の健康増進を目指した京都大のヘルシーキャンパス運動の開始記念フォーラムが2..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国産の超高性能量子計算機を公開
      複雑な計算、一瞬で正解

      20171120000154

       NTT物性科学基礎研究所(神奈川県)などは20日、これまでのコンピューターが容易に解け..... [ 記事へ ]

      国際

      中国特使、北朝鮮から帰国
      金正恩氏と会談したかが焦点

      20171120000158

       【北京共同】中国共産党の習近平総書記(国家主席)の特使として北朝鮮を訪問した宋濤中央対..... [ 記事へ ]