出版案内
福祉事業団

「謎の青銅器」一堂に 滋賀で特別展

秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 安土城考古博物館(滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)の秋季特別展「青銅の鐸(たく)と武器-近江の弥生時代とその周辺」が同館で行われている。野洲市の大岩山遺跡から出土した重要文化財の銅鐸など、県内外の青銅器を中心に450点を紹介する。

 銅鐸や青銅製武器は中国大陸にルーツを持ち、九州を経て近畿地方に伝わった。銅鐸は祭器とされるが、用途がよく分からず「謎の青銅器」と呼ばれる。特別展は畿内、東海、近江編の3部構成で、計87カ所の遺跡の矢尻や銅鏡、銅剣などを一堂に集めた。

 このうち国内で初めて見つかった上御殿(かみごてん)遺跡(高島市)の短剣「双環柄頭(そうかんつかがしら)短剣」の石製鋳型は、柄の頭部にリング状の装飾を二つ施す形状で、形が似ている中国大陸の短剣と合わせて展示した。

 高さ3・4センチと国内で最も小さい下鈎(しもまがり)遺跡(栗東市)の銅鐸や、近畿でも出土例が少ない能登川石田遺跡(東近江市)の銅剣、今年に入って矢尻の石製鋳型と判明した下之郷(しものごう)遺跡(守山市)の出土品も並ぶ。

 田井中洋介学芸課長は「堅苦しいイメージを変えるため展示に子ども向けの説明文も添えた。日本に青銅器が入った弥生時代の人々の暮らしをリアルに感じてほしい」と話す。

 12月3日まで。月曜休み。大人890円、高校・大学生630円など。同館0748(46)2424。

【 2017年10月27日 10時51分 】

ニュース写真

  • 秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      天皇退位、準備委が第2回会合
      儀式の内容や在り方議論

      20180220000021

       政府は20日午前、2019年4月30日の天皇陛下の退位と翌5月1日の皇太子さまの新天皇..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Rソックス、マルティネスと契約
      5年で総額118億円

      20180220000035

       【ニューヨーク共同】米大リーグ、レッドソックスが、ダイヤモンドバックスからフリーエージ..... [ 記事へ ]

      経済

      発酵食品の魅力発信サイト 西京漬専門店の京都一の傳

      20180220000026

       西京漬専門店の京都一の傳(京都市右京区)は、発酵食品の魅力を発信するウェブサイト「はっ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      落語で子ら表現力養う 京都の小学校で体験授業

      20180219000172

       伝統芸能に親しみながら人前で話す表現力を養おうと、京都府亀岡市本梅町の本梅小の児童たち..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      九電、玄海3号機の燃料装填公開
      安全性アピール

      20180219000128

       九州電力は19日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働に向けた核燃料の装填作業を報道..... [ 記事へ ]

      国際

      沈痛な面持ちでキャンプへ
      母校で銃乱射のカブス・リゾ選手

      20180220000030

       【メサ(米アリゾナ州)共同】銃乱射事件が14日に起きた米南部フロリダ州パークランドの高..... [ 記事へ ]