出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「謎の青銅器」一堂に 滋賀で特別展

秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 安土城考古博物館(滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)の秋季特別展「青銅の鐸(たく)と武器-近江の弥生時代とその周辺」が同館で行われている。野洲市の大岩山遺跡から出土した重要文化財の銅鐸など、県内外の青銅器を中心に450点を紹介する。

 銅鐸や青銅製武器は中国大陸にルーツを持ち、九州を経て近畿地方に伝わった。銅鐸は祭器とされるが、用途がよく分からず「謎の青銅器」と呼ばれる。特別展は畿内、東海、近江編の3部構成で、計87カ所の遺跡の矢尻や銅鏡、銅剣などを一堂に集めた。

 このうち国内で初めて見つかった上御殿(かみごてん)遺跡(高島市)の短剣「双環柄頭(そうかんつかがしら)短剣」の石製鋳型は、柄の頭部にリング状の装飾を二つ施す形状で、形が似ている中国大陸の短剣と合わせて展示した。

 高さ3・4センチと国内で最も小さい下鈎(しもまがり)遺跡(栗東市)の銅鐸や、近畿でも出土例が少ない能登川石田遺跡(東近江市)の銅剣、今年に入って矢尻の石製鋳型と判明した下之郷(しものごう)遺跡(守山市)の出土品も並ぶ。

 田井中洋介学芸課長は「堅苦しいイメージを変えるため展示に子ども向けの説明文も添えた。日本に青銅器が入った弥生時代の人々の暮らしをリアルに感じてほしい」と話す。

 12月3日まで。月曜休み。大人890円、高校・大学生630円など。同館0748(46)2424。

【 2017年10月27日 10時51分 】

ニュース写真

  • 秋季特別展に並ぶ大岩山遺跡から出土した重文の銅鐸(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      海自の潜水艦から最新装置誤発射
      四国沖太平洋で訓練中、被害

      20180524000205

       海上自衛隊の潜水艦「せきりゅう」が24日未明、四国沖の太平洋で訓練中、魚雷攻撃を避ける..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大、反則問題で従来の主張踏襲
      意図的指示せず、関学大に再

      20180524000133

       アメリカンフットボールの悪質な反則問題で、日本大は24日、危険なタックルに至った経緯な..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、ブルキナファソと断交
      中国が外交圧力

      20180524000210

       【台北共同】台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は24日夜、緊急記者会見を開き、同日付で西..... [ 記事へ ]