出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

動物画に卓越の技、再評価の機運 京都で木島櫻谷展

迫力のある大作や端正な名作が並んだ「木島櫻谷展」会場(京都市左京区・泉屋博古館)
迫力のある大作や端正な名作が並んだ「木島櫻谷展」会場(京都市左京区・泉屋博古館)

 「木島櫻谷(このしまおうこく) 近代動物画の冒険」展(京都新聞など主催)が28日、京都市左京区の泉屋博古館で開幕する。27日の内覧会では、明治から昭和にかけて京都画壇で活躍した櫻谷の再発見作、初公開作を含む名品の数々が披露された。

 櫻谷生誕140年の記念特別展。櫻谷は公設展の文展を中心に発表したが、1938年の没後は次第に忘れられた。近年、幻の作品の再発見、修復公開が相次ぎ、再評価の機運が高まっている。同展は、代表作を含む約40点を紹介する。

 文展最高賞の「寒月」は、冬の山気と静寂の中を歩くキツネを描いた秀作。2年がかりで修復された大作「かりくら」は、野を疾走する馬と武者が躍動感あふれる。招待客は、クジャクの壮麗な羽、ライオンの勇壮なたてがみなど毛描きの筆触を間近に楽しみ、櫻谷が集めた動物写真のスクラップや写生帳から、卓越した技の秘密に触れていた。

 28日から12月3日まで。展示替えあり。月曜休館。有料。同展開幕に合わせ、京都文化博物館(中京区)や櫻谷文庫(北区)でも、櫻谷の貴重な作品や資料を公開する。

【 2017年10月27日 21時07分 】

ニュース写真

  • 迫力のある大作や端正な名作が並んだ「木島櫻谷展」会場(京都市左京区・泉屋博古館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      青森・弘前さくらまつり開幕
      北国に春、桜見ごろ

      20180421000080

       日本屈指の桜の名所として知られる青森県弘前市の弘前公園で21日、恒例のさくらまつりが始..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Sラグビー、サンウルブズ8連敗
      昨季王者に健闘

      20180421000115

       【クライストチャーチ(ニュージーランド)共同】スーパーラグビー第10節第2日は21日、..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]