出版案内
福祉事業団

細川時代の宮津城絵図公開 京都・丹後郷土資料館

初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)
初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)

 宮津城に関わる絵図や古文書を集めた特別展「宮津という地に居城を拵(こしら)え」が、京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館で開かれている。これまで最古とされていたものより古い細川氏時代の宮津城と推定される初公開の絵図など23点が展示されている。

 宮津城は戦国武将の細川藤孝(幽斎)が1580(天正8)年に築城。明治時代に取り壊され、地上に遺構がほとんど残っていないため、これまであまり研究されておらずなじみのない市民も多いという。

 今回の特別展では、「丹後宮津城図」(金沢市立玉川図書館所蔵)を丹後で初公開する。絵図では本丸が海に面しており、城の縄張りや町の広がりの様子から、後に京極高広が大規模改修した際に描いた宮津城より古い可能性が高いという。

 宮津城の修復に関連する古文書や絵図のほか、これまで一番古いとされ江戸初期の町の様子が分かる「正保宮津城絵図案」も約30年ぶりに公開されている。

 同資料館の森島康雄資料課長は「宮津城の築城は宮津の町が発展する出発点。痕跡を探り、地元にある文化財の価値を知ってもらいたい」と話している。

 入館料が必要。同資料館0772(27)0230。

【 2017年10月28日 15時40分 】

ニュース写真

  • 初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)
  • 江戸初期の宮津の町の様子がよく分かる「正保宮津城絵図案」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      噴火の前兆活動、観測されず
      想定外の火口、気象庁監視強化へ

      20180123000129

       気象庁の斎藤誠火山課長は23日、草津白根山の噴火を受けた記者会見で「噴火の前に火山活動..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全豪OP、マクラクラン組が4強
      男子複で日本勢63年ぶり

      20180123000101

       【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第9日は23日、メルボルンで行われ、男子ダブルス..... [ 記事へ ]

      経済

      自動運転隊列トラックの実証実験
      静岡・新東名高速で

      20180123000127

       日野自動車などトラックメーカー4社と豊田通商は23日、自動運転技術を活用し、トラック3..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]

      国際

      ナオミ・フラリーさん死去
      有名戦時ポスターのモデル

      20180123000145

       ナオミ・フラリーさん(女性労働者を描いた有名なプロパガンダ・ポスターのモデル)20日、..... [ 記事へ ]