出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

細川時代の宮津城絵図公開 京都・丹後郷土資料館

初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)
初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)

 宮津城に関わる絵図や古文書を集めた特別展「宮津という地に居城を拵(こしら)え」が、京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館で開かれている。これまで最古とされていたものより古い細川氏時代の宮津城と推定される初公開の絵図など23点が展示されている。

 宮津城は戦国武将の細川藤孝(幽斎)が1580(天正8)年に築城。明治時代に取り壊され、地上に遺構がほとんど残っていないため、これまであまり研究されておらずなじみのない市民も多いという。

 今回の特別展では、「丹後宮津城図」(金沢市立玉川図書館所蔵)を丹後で初公開する。絵図では本丸が海に面しており、城の縄張りや町の広がりの様子から、後に京極高広が大規模改修した際に描いた宮津城より古い可能性が高いという。

 宮津城の修復に関連する古文書や絵図のほか、これまで一番古いとされ江戸初期の町の様子が分かる「正保宮津城絵図案」も約30年ぶりに公開されている。

 同資料館の森島康雄資料課長は「宮津城の築城は宮津の町が発展する出発点。痕跡を探り、地元にある文化財の価値を知ってもらいたい」と話している。

 入館料が必要。同資料館0772(27)0230。

【 2017年10月28日 15時40分 】

ニュース写真

  • 初公開の「丹後宮津城図」。細川氏時代の宮津城を描いたと推定され、本丸が海に面している様子が分かる(宮津市国分・府立丹後郷土資料館)
  • 江戸初期の宮津の町の様子がよく分かる「正保宮津城絵図案」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      青森の女性、殺害は15日か
      朝刊取り込み、夕刊は配達のまま

      20180621000223

       青森市の自宅兼店舗で食料品店経営小山和子さん(79)が殺害された事件で、青森署捜査本部..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      トヨタ中嶋「ほっとした」
      ルマン24時間で初優勝

      20180621000200

       フランス伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間で初優勝したトヨタの8号車のドラ..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東海第2原発の耐震実験を公開
      報道陣に、規制委も同行

      20180621000062

       日本原子力発電は21日、再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)の設備の耐震性を調べる実験..... [ 記事へ ]

      国際

      NZ首相が第1子女児出産
      6週間の産休入り、副首相が代行

      20180621000019

       【シドニー共同】ニュージーランドのジャシンダ・アーダン首相(37)は21日、会員制交流..... [ 記事へ ]