出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

シンポ「直虎から直政へ」歴史ファン集う 滋賀・彦根城博

「直虎は実在し、女性だったか」について、意見を交わす浜松市博物館と彦根城博物館の学芸員(彦根市金亀町・彦根城博物館)
「直虎は実在し、女性だったか」について、意見を交わす浜松市博物館と彦根城博物館の学芸員(彦根市金亀町・彦根城博物館)

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公と初代彦根藩主をテーマとしたシンポジウム「井伊直虎から直政へ~遠江・近江の視点から」が28日、彦根市金亀町の彦根城博物館で開かれた。歴史やドラマファン約100人が、史料から迫る登場人物像に聞き入った。

 開催中の特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」に合わせて同館が開いた。戦国時代に井伊氏の本拠地だった井伊谷がある浜松市から同市博物館の久野正博学芸員が参加し、彦根城博物館の青木俊郎学芸員とともに、史料を基に講演。井伊氏の本拠地は、琵琶湖と浜名湖にそれぞれ近く、滋賀に多く残る「オコナイ」に似た正月の祭礼「おくない」が井伊谷にも伝わるなど、両地の類似点を報告した。

 対談では「直虎は女だったのか」について考察。久野学芸員は「1955年に静岡大の若林淳之教授が書いた論文が、直虎は女性だったという根拠になっている」と説明し、青木学芸員は「まだ確定できない。今後、さらに研究が進むのでは」と推測した。ドラマに描かれた茶わんなどは、実際に史料が残っていることも報告され、熱心にメモを取る人もいた。

 特別展は11月28日まで。会期中無休。有料。

【 2017年10月28日 23時20分 】

ニュース写真

  • 「直虎は実在し、女性だったか」について、意見を交わす浜松市博物館と彦根城博物館の学芸員(彦根市金亀町・彦根城博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都府の児童虐待3379件、2年連続過去最多 17年度まとめ

      20180721000058

       京都府と京都市は20日、府内の2017年度の児童虐待相談・通告件数を発表した。府内の合..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イニエスタ、22日にJ1出場へ
      神戸、本拠での湘南戦

      20180721000053

       サッカーのJ1神戸に加入したワールドカップ(W杯)ロシア大会スペイン代表のMFアンドレ..... [ 記事へ ]

      経済

      梅小路、京都の新観光エリアに 19年春、JR新駅開業

      20180721000057

       JR西日本が梅小路公園(京都市下京区)の北に来春開業させる山陰線の新駅名が20日、「梅..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      テン選手刺殺の徹底捜査を
      カザフ大統領

      20180721000013

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テ..... [ 記事へ ]