出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

クレヨンの動物画、色使い絶妙 京都、障害者施設利用者が作品展

微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)

 京都市伏見区の障害者施設「京都市ふしみ学園」利用者が描いた絵の展示が30日、東山区轆轤(ろくろ)町のギャラリー「まっつぁら」で始まった。作者の筆遣いを感じる6点を紹介している。

 同学園では、利用者の描いたクレヨン画や色鉛筆画を広く知ってもらうため複製画を作るプロジェクトを進めている。今回は、大型の複製画よりも日常生活で使いやすい名刺への活用を提案しようと、原画を展示した。

 パンダやシロクマ、ペンギンを描いた動物画シリーズはクレヨンで描かれていて、重ね塗りによる色の表現が絶妙。ふしみ学園で企画広報を担当する植村美樹さん(49)は「何かを語りかけてくるような動物のまなざしに引きつけられる」と話す。

 色鉛筆で力強く描いた静物画などもあり、植村さんは「名刺を広げることで、作品そのものの魅力をより多くの人に知ってもらえれば。それがさらに多くの複製画を作る機会につながってほしい」と話している。

 展示は来月5日まで。名刺の問い合わせはふしみ学園075(603)1288。

【 2017年10月31日 09時45分 】

ニュース写真

  • 微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      両陛下、馬の働きねぎらう
      伊勢神宮に寄贈

      20180423000171

       天皇、皇后両陛下は23日午後、皇居内にある宮内庁車馬課の厩舎を訪れ、伊勢神宮に神馬とし..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      吉田沙保里「可能性高くない」
      レスリング東京五輪挑戦

      20180423000173

       レスリング女子で戦列を離れている五輪3連覇の吉田沙保里が23日、東京都内で開かれた20..... [ 記事へ ]

      経済

      ブルガリの高級ホテル日本進出
      22年末、東京駅前で開業

      20180423000142

       三井不動産などは23日、JR東京駅前に建設する超高層複合ビル内にイタリアの宝飾ブランド..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      旧米軍訓練場で絶滅危惧コウモリ確認 沖縄で京大グループ

      20180423000146

       沖縄県など南西諸島の固有種で絶滅危惧種の小型コウモリ「ヤンバルホオヒゲコウモリ」が、沖..... [ 記事へ ]

      国際

      英キャサリン妃、第3子出産へ
      ロンドン市内の病院に入院

      20180423000129

       【ロンドン共同】英王室のウィリアム王子(35)の妻キャサリン妃(36)が23日朝、第3..... [ 記事へ ]