出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

楷書体源流の拓本見つかる 京大、19世紀前半作成か

19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)
19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)

 中国河南省の洛陽で5~6世紀に彫られ楷書体の源流の一つとされる「龍門二十品」を、19世紀前半に写し取ったとみられる拓本が見つかったと、京都大人文科学研究所の安岡孝一教授や稲本泰生准教授らが2日、発表した。書体の成り立ちを研究する上で貴重な発見という。

 中国三大石窟の一つである龍門石窟では、石仏に添え、制作の由来などを記した銘文が刻まれている。このうち優れた20種が「龍門二十品」とされ、日本でも書道の手本となっている。確認されている中で最古の拓本は中国・北京の図書館にあり、18世紀後半に作成されたとみられている。数多く作られるに従って銘文が損傷し、拓本の質は低下した。

 今回見つかった拓本は、京都帝国大の教授だった仏教学者松本文三郎の収集した蔵書から見つかった。拓本の写し取られた文字の損傷具合から、作成時期を判断した。拓本は計4冊あり縦23センチ、横13センチ、厚さは1・5センチ~3センチ。文字の大きさは2センチ~5センチ四方で、約3千字を収録している。

 稲本准教授は「彫られた時期に近い書を鑑賞できる。仏教美術の資料としても貴重」と話している。拓本は書籍化して、300部を出版した。今後、同研究所のウェブサイトなどで電子データを公開する予定。

【 2017年11月02日 22時40分 】

ニュース写真

  • 19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      準備万端、県内各地で投票所設営 滋賀県知事選

      20180623000135

       滋賀県知事選の投開票を翌日に控えた23日、投票所の設営作業が県内各地の集会所や学校など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ポーランド監督「面白い試合に」
      W杯、コロンビア戦を前に

      20180624000003

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本と同じ1次リーグH組の..... [ 記事へ ]

      経済

      原油価格抑制へ増産で合意
      OPEC、非加盟国

      20180623000150

       【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の閣僚級会合が23日、ウィー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]

      国際

      国民投票の再実施要求
      英EU離脱、反対派デモ

      20180623000155

       【ロンドン共同】英国が欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票から2年を迎えた23日、英E..... [ 記事へ ]