出版案内
福祉事業団

楷書体源流の拓本見つかる 京大、19世紀前半作成か

19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)
19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)

 中国河南省の洛陽で5~6世紀に彫られ楷書体の源流の一つとされる「龍門二十品」を、19世紀前半に写し取ったとみられる拓本が見つかったと、京都大人文科学研究所の安岡孝一教授や稲本泰生准教授らが2日、発表した。書体の成り立ちを研究する上で貴重な発見という。

 中国三大石窟の一つである龍門石窟では、石仏に添え、制作の由来などを記した銘文が刻まれている。このうち優れた20種が「龍門二十品」とされ、日本でも書道の手本となっている。確認されている中で最古の拓本は中国・北京の図書館にあり、18世紀後半に作成されたとみられている。数多く作られるに従って銘文が損傷し、拓本の質は低下した。

 今回見つかった拓本は、京都帝国大の教授だった仏教学者松本文三郎の収集した蔵書から見つかった。拓本の写し取られた文字の損傷具合から、作成時期を判断した。拓本は計4冊あり縦23センチ、横13センチ、厚さは1・5センチ~3センチ。文字の大きさは2センチ~5センチ四方で、約3千字を収録している。

 稲本准教授は「彫られた時期に近い書を鑑賞できる。仏教美術の資料としても貴重」と話している。拓本は書籍化して、300部を出版した。今後、同研究所のウェブサイトなどで電子データを公開する予定。

【 2017年11月02日 22時40分 】

ニュース写真

  • 19世紀前半に写されたとみられる「龍門二十品」の拓本(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      母なる琵琶湖に浮かぶ島 滋賀県の図柄入りナンバー決定

      20171124000174

       滋賀県内で来秋に導入される図柄入り自動車ナンバープレートのデザインが決まり、県が24日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      エジプトでテロ、235人死亡
      武装集団、シナイ半島モスク襲

      20171124000180

       【カイロ共同】エジプト北東部シナイ半島で24日、武装集団が爆弾と銃でモスク(イスラム教..... [ 記事へ ]