出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

まちづくりの悩み解決! 京都のセンター、登録呼びかけ

市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)
市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)

 きょうとNPOセンター(京都市下京区)が、まちづくり活動に取り組む市民団体の悩みや課題を解決するため、その分野に詳しい市民サポーターを派遣し、アドバイスする事業が始まっている。内容は組織運営や会計労務、ウェブの使い方と多様。センターは「これまでの仕事で培った経験や知識を生かしてほしい」と、サポーター登録を呼び掛けている。

 市から委託を受けて昨年度から始まった事業。まちづくりの取り組みを募る市の「まちづくり・お宝バンク」事業に登録した市民団体からの依頼を受け、依頼内容に合わせて市民サポーターを無料で計3回派遣する。サポーターは現在約90人が登録。昨年度は8団体に派遣、会計報告書の作成や規約づくり、事業計画の立案などの相談に応じた。本年度は就業規則の作成や団体リーフレットのデザイン、広報活動の見直しなど現段階で約20団体への派遣予定という。

 7~9月には認定NPO法人の取得を目指し、寄付や人材の集め方を知りたいと「グローカル人材開発センター」(下京区)の依頼で、NPOの組織づくりや資金調達に詳しいコンサルタントの河合将生さん(43)が派遣された。河合さんは「NPOは予算が限られているため、どうしても組織作りが後回しになりがち。活動も組織基盤もできるように支援をしたい」と意義を語る。グローカル人材開発センターの肥後祐亮さん(30)は「自分たちが気づくように問いかけてくれたので考え方が整理できた。次の一歩を踏み出す具体策も見えてきた」と話す。

 NPOセンターの近藤忠裕さん(61)は、「特別な資格や専門がなくても例えば一般企業で働き、組織運営などさまざまなスキルを身に付けている人たちにも登録してほしい」と呼び掛ける。問い合わせは同センター075(744)0944へ。

【 2017年11月03日 15時40分 】

ニュース写真

  • 市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]