出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

保津川下り、台風影響で長期休業 紅葉シーズンにピンチ

保津川下りの運航中止を知らせる立て看板(京都市右京区・トロッコ嵯峨駅)
保津川下りの運航中止を知らせる立て看板(京都市右京区・トロッコ嵯峨駅)

 台風21号と22号の影響で保津川下りが長期休業に追い込まれていることが3日までに分かった。亀岡市保津町の係留場と、京都市右京区嵯峨に設置する降船場が流失したためで、保津川遊船企業組合は「秋の観光シーズン中に大打撃だ。紅葉の見ごろには何とか間に合わせたい」と懸命だ。

 同組合によると、10月22日夜に近畿地方に台風21号が最接近し、川の増水で係留場と降船場が流失。さらに航路の保津川内も石や流木で荒れ、当初は31日までの休業と決めていた。

 その後、川の水位が下がり、係留場と降船場の修復や航路の整備に取りかかろうとした矢先の29日、再び台風22号が接近した。日吉ダムの放流などで水位が上昇したため、作業にかかれず休業延期に至った。1日から復旧工事を再開し、10日の営業を目指している。

 京都市右京区のトロッコ嵯峨駅には運航中止を知らせる立て看板が設置された。トロッコ列車で亀岡市の乗船場を目指そうとしていた岐阜県の主婦箕浦律子さん(55)は「楽しみにしていたので残念」と話していた。損害は約1億円に上るといい、同組合の豊田知八理事長は「自然が相手なのでどうしようもないが、厳しい状況だ。早期再開を目指す」と話す。

【 2017年11月04日 08時01分 】

ニュース写真

  • 保津川下りの運航中止を知らせる立て看板(京都市右京区・トロッコ嵯峨駅)
  • 台風21号で降船場の橋脚が流失し、一部のみが残る土台(京都市右京区嵯峨)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      青森・弘前さくらまつり開幕
      北国に春、桜見ごろ

      20180421000080

       日本屈指の桜の名所として知られる青森県弘前市の弘前公園で21日、恒例のさくらまつりが始..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新体操、16歳大岩が前半トップ
      世界選手権代表選考会

      20180421000112

       新体操の世界選手権(9月・ソフィア)代表選考会第1日は21日、群馬県の高崎アリーナで個..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]

      国際

      国連で「琉球独立」主張
      先住民会議、米基地問題も

      20180421000071

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲..... [ 記事へ ]