出版案内
福祉事業団

児童の手作りみこし、住民も楽しみ 11日、滋賀で巡行

「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)
「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)

 滋賀県内最大の工業団地「湖南工業団地」内にあり、1977年の創立から40年になる水戸小(湖南市水戸町)で、創立当初から続く「水戸まつり」が11日に開かれる。地域に祭りがないため、学校主催で始まった市内唯一の「まつり」。全校児童の5分の1を占める外国籍の子どもも一緒に手作りみこしで地域を巡行し、住民も楽しみにしている。

 水戸まつりは、学区が新興宅地に限られるため「地域への愛着を感じてほしい」と同小や住民らで始めた。みこしは赤、白、黄、青、緑、オレンジの6基あり、高さ約2メートル、重さ約100キロ。開校時から使っている木枠に、毎年児童がテーマを考えて絵を描いたり、飾りを付けたりしてこしらえる。

 今年の赤色みこしはハロウィーンのカボチャにナイフが刺さった絵を描いた。班長の6年與那覇流海さん(12)は「ホラーみこしのテーマが伝わるよう工夫した」と話す。

 同小によると、30年ほど前から外国人労働者の子どもが通うようになり、現在は全校児童382人のうち外国籍は過去最多の72人。「保護者もフェスティバル的なものと分かって楽しんでくれる」(平島俊彦校長)という。

 みこしは11日午後2時半ごろから、班ごとに同小を出発。高学年の児童が担ぎ、低学年の子がひもを引っ張り、約1・3キロを練り歩く。同日は午前中に学習発表会を開き、住民によるバザーやカフェもある。

【 2017年11月09日 12時06分 】

ニュース写真

  • 「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      観光バス横転けが人複数、北海道
      韓国人観光客らが乗車

      20171217000105

       17日午後4時40分ごろ、北海道上富良野町の道道で、大型観光バスが横転したと男性運転手..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      桂が史上初4連覇 全国中学駅伝女子

      20171217000100

       第25回全国中学駅伝が17日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園で行われ、女子(5区間12..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      イラン元大統領から放射性物質?
      1月死去、体内から検出か

      20171217000103

       【テヘラン共同】今年1月に心臓発作のため死去したイランの穏健派ラフサンジャニ元大統領=..... [ 記事へ ]