出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「憤怒」じゃない不動明王も 京都・東寺で親しみやすい仏画展

長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)

 仏教をテーマに親しみやすい仏画を描く画家、観瀾斎(かんらんさい)さん(71)=兵庫県丹波市=の作品展が、京都市南区の東寺境内の食堂(じきどう)で開催されている。丸みをおびた顔をした観音菩薩(ぼさつ)や、柔和な表情の不動明王など、約200点が参拝者の目を楽しませている。

 福知山市出身。漫画家になることを夢見て、東京でメジャーデビューを目指した。ただ、幼い頃に父を亡くし、兄も病気がちで一時中断。「神仏の存在を確かめたい」と、3年間、働きながら未明に滝行を毎日続ける中で仏縁を感じ、仏画を中心に作家活動を続けることにした。

 その後、空海(弘法大師)ゆかりの金剛峯寺(和歌山県)と善通寺(香川県)で3回ずつ個展を開催。東寺では、今回で12回目の開催となる。

 会場には、100体の観音を描いた長さ28メートルにもなる「百観音」や、東日本大震災の復興を祈って制作した木版画の「阿吽(あうん)の双龍(そうりゅう)」のほか、憤怒の表情で知られる不動明王が優しい顔をしていたり、目がぱっちりと開いた観音菩薩などの絵が並ぶ。観瀾斎さんは「神々しいのではなく、親しみやすいお顔を描いた。東寺には世界から参拝者が訪れる。仏教の慈愛の心を世界に発信したい」と話す。12月24日まで。入場無料。

【 2017年11月13日 09時16分 】

ニュース写真

  • 長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ペット同伴の避難所開設、岡山
      屋内にケージ置くスペース

      20180721000051

       西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市で21日、ペット同伴者専用の避難所が市立穂井田..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イニエスタ、22日にJ1出場へ
      神戸、本拠での湘南戦

      20180721000053

       サッカーのJ1神戸に加入したワールドカップ(W杯)ロシア大会スペイン代表のMFアンドレ..... [ 記事へ ]

      経済

      経産相、本田圭佑選手と会談
      ベンチャー支援で協力依頼

      20180721000020

       世耕弘成経済産業相は21日、サッカーW杯ロシア大会日本代表の本田圭佑選手と経産省で会談..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      テン選手刺殺の徹底捜査を
      カザフ大統領

      20180721000013

       【モスクワ共同】2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テ..... [ 記事へ ]