出版案内
福祉事業団

「憤怒」じゃない不動明王も 京都・東寺で親しみやすい仏画展

長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)

 仏教をテーマに親しみやすい仏画を描く画家、観瀾斎(かんらんさい)さん(71)=兵庫県丹波市=の作品展が、京都市南区の東寺境内の食堂(じきどう)で開催されている。丸みをおびた顔をした観音菩薩(ぼさつ)や、柔和な表情の不動明王など、約200点が参拝者の目を楽しませている。

 福知山市出身。漫画家になることを夢見て、東京でメジャーデビューを目指した。ただ、幼い頃に父を亡くし、兄も病気がちで一時中断。「神仏の存在を確かめたい」と、3年間、働きながら未明に滝行を毎日続ける中で仏縁を感じ、仏画を中心に作家活動を続けることにした。

 その後、空海(弘法大師)ゆかりの金剛峯寺(和歌山県)と善通寺(香川県)で3回ずつ個展を開催。東寺では、今回で12回目の開催となる。

 会場には、100体の観音を描いた長さ28メートルにもなる「百観音」や、東日本大震災の復興を祈って制作した木版画の「阿吽(あうん)の双龍(そうりゅう)」のほか、憤怒の表情で知られる不動明王が優しい顔をしていたり、目がぱっちりと開いた観音菩薩などの絵が並ぶ。観瀾斎さんは「神々しいのではなく、親しみやすいお顔を描いた。東寺には世界から参拝者が訪れる。仏教の慈愛の心を世界に発信したい」と話す。12月24日まで。入場無料。

【 2017年11月13日 09時16分 】

ニュース写真

  • 長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      日本一危険な滑り台撤去へ、愛媛
      「安全確保が困難」と今治市

      20180222000085

       愛媛県今治市は22日、「日本一危険な滑り台」としてテレビやインターネットで話題となった..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道の高藤、欧州遠征に出発
      世界王者、1階級上で挑戦

      20180222000091

       柔道の欧州オープン(3月3、4日=プラハ)に出場する2016年リオデジャネイロ五輪男子..... [ 記事へ ]

      経済

      京都4百貨店、売上高0・3%減 1月、寒さ響く

      20180222000077

       日本百貨店協会が21日発表した京都市内4百貨店の1月の売上高は、前年同月比0・3%減の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]

      国際

      井上、太田両氏が受賞
      国際報道のボーン・上田賞

      20180222000079

       優れた国際報道を手掛けたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」の201..... [ 記事へ ]