出版案内
福祉事業団

雨森芳洲と朝鮮通信使の資料一堂に 滋賀で企画展

雨森芳洲の関連資料を並べた企画展(長浜市高月町渡岸寺・高月観音の里歴史民俗資料館)
雨森芳洲の関連資料を並べた企画展(長浜市高月町渡岸寺・高月観音の里歴史民俗資料館)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録された江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」の一部で、通信使に関わった滋賀県長浜市ゆかりの儒学者雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)の関連資料を公開する企画展が、同市高月町渡岸寺の高月観音の里歴史民俗資料館で開かれている。

 朝鮮通信使は、朝鮮国王が徳川将軍家に派遣した使節団。芳洲は同町雨森出身とも伝えられ、対馬藩に仕えた際、通信使の幕府側随行員を務めるなど朝鮮外交に尽力した。

 会場には、登録された芳洲の関連資料全36点を展示。芳洲が「朝鮮の風俗習慣を理解し、違いを尊重すべき」と外交の基本理念を藩主に上申した意見書「交隣提醒(こうりんていせい)」(1728年、重要文化財)や、通信使の一人が、芳洲に対して絶大の信頼を置いていることを詩に託して表明した「季東郭七律(イトングァクしちりつ)」(1711年、同)などが並ぶ。通信使がたどった県内ルート「朝鮮人街道」を示す地図もある。

 12月3日まで(月、火曜、祝日の翌日は休館)。有料(11、12日は無料)。同館0749(85)2273。

 関連イベントとして、23日午後1時半から吉田光男東京大名誉教授の講演「朝鮮から見た雨森芳洲と通信使」(無料)が同市宮部町の虎姫文化ホールである。問い合わせは長浜城歴史博物館0749(63)4611。

【 2017年11月13日 13時05分 】

ニュース写真

  • 雨森芳洲の関連資料を並べた企画展(長浜市高月町渡岸寺・高月観音の里歴史民俗資料館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      写真記者協会賞に「沖縄の視線」
      12月19日から展示

      20171125000007

       東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は24日、今年の優れた報道写真に贈る..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]

      国際

      エジプトでテロ、235人死亡
      武装集団、シナイ半島モスク襲

      20171124000180

       【カイロ共同】エジプト北東部シナイ半島で24日、武装集団が爆弾と銃でモスク(イスラム教..... [ 記事へ ]