出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

紅葉ライトアップ、憩いの場に 京都・与謝野

約40年間手つかずだった寺の本堂をリノベーションした「雲岩庵」の内部(与謝野町岩屋・雲岩公園)
約40年間手つかずだった寺の本堂をリノベーションした「雲岩庵」の内部(与謝野町岩屋・雲岩公園)

 京都府与謝野町岩屋の若手有志が地元の雲岩公園にあった寺の本堂を改修し、人が集う憩いの場「雲岩庵」を整備した。12日に行われた有志主催のライトアップイベントでお披露目され、19日にはバーやカフェを営業し、野外ライブなども開催。「雲岩庵は岩屋の新しい魅力。紅葉を楽しみつつ、気軽に足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 地域ににぎわいを取り戻そうと、2016年に結成した30~50代の25人でつくる「雲岩創成塾」が、かつての雲岩寺本堂を5月から約半年間かけてリフォームした。本堂は40年ほど手つかずだったといい、内部は障子が破れ、地域の祭りで使われる道具などが無造作に置かれるなどしていたという。

 創成塾のメンバーは月に2回集まり、畳の入れ替えや雨漏りの修理、約30平方メートルの土間スペースの改築などを実施。新たに冷蔵庫や手作りのテーブルを設置したほか、数種類のランプで温かみのある空間に仕上げた。塾長の坂根義隆さん(41)は「改修は大変だったが、たくさんの人が集まる場所になってくれたらうれしい。今後も少しずつ手を加えていきたい」と話す。

 ライトアップは18、19日の午後5時半から同9時まで。赤やオレンジに色づいた約50本のモミジを約300個のLED(発光ダイオード)ライトで照らし、幻想的な雰囲気を演出している。

 問い合わせは平日の午前中に岩屋区公民館事務所0772(43)2258。

【 2017年11月14日 10時25分 】

ニュース写真

  • 約40年間手つかずだった寺の本堂をリノベーションした「雲岩庵」の内部(与謝野町岩屋・雲岩公園)
  • イベントでは無数のライトで幻想的に浮かび上がるモミジが楽しめる
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      陸自水陸機動団が搬送訓練
      「負傷者」搬送、種子島

      20180520000130

       離島防衛強化のために3月に新設された陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の専門部..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      トランポリン、上山と森が代表に
      世界選手権などの選考会

      20180520000123

       トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)などの代表選考会を兼ねた全日本..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]