出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

暗闇に浮かぶ秋色グラデーション 京都・永観堂を空撮

深まる秋。澄んだ空気がライトアップされた錦秋の庭園を一段と引き立てる(11月10日、京都市左京区・永観堂)=小型無人機から
深まる秋。澄んだ空気がライトアップされた錦秋の庭園を一段と引き立てる(11月10日、京都市左京区・永観堂)=小型無人機から

 夜間拝観が終わった午後9時、多くの参拝者でにぎわった紅葉の名所「永観堂」(京都市左京区)に静けさが戻る。消灯までのわずかなひとときをドローンで撮影した。

 離陸後わずか5メートル、モニターに映った鮮やかな画像にみとれる。さらに高度が上がると、地上の優美さとはひと味違う別世界が広がった。670基の照明で照らされた秋色のグラデーションが、暗闇に浮かんだ。

 永観堂は、正式には禅林寺といい、平安期の僧で、寺を大きく発展させた永観(ようかん)律師の名にちなむ。古くから「代名詞」のようにいわれるモミジは、境内に3千本。同寺によると例年より早く色づき始めたという。

 日に日に深まる秋。色とりどりの細やかな葉が重なり合い、ドローンまでも染まりそうな錦秋を目に焼き付けた。

 ライトアップは12月6日まで。夜間の拝観料600円(中学生以上)が必要。

【 2017年11月23日 09時34分 】

ニュース写真

  • 深まる秋。澄んだ空気がライトアップされた錦秋の庭園を一段と引き立てる(11月10日、京都市左京区・永観堂)=小型無人機から

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      日本人を枢機卿に任命
      前田大司教、6人目

      20180521000004

       【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命する..... [ 記事へ ]