出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

古墳の端を確認、推定全長3m伸びる 京都・京丹後

網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)

 京都府京丹後市教育委員会はこのほど、国史跡で日本海側最大の前方後円墳「網野銚子山古墳」(同市網野町)の発掘調査で、前方部の端(墳端)の可能性が高い場所を確認した、と発表した。これまで墳端とされていた場所より3メートル外側にあり、推定全長は従来の198メートルから201メートルになるという。25日に現地説明会を開く。

 前方部とくびれ部の計5カ所で調査を実施。そのうち前方部の1カ所で、長さ8~30センチの石5個が一列に並ぶように置かれているのを発見した。それらの石は墳丘の端に敷かれる「基底石」の可能性があるといい、昨年度調査で確定した後円部の墳端の位置から測ると、全長は201メートルと推定されるという。

 同古墳は古墳時代前期(4世紀末~5世紀前半)に築かれたとされ、被葬者は日本海側で交易などに携わった有力者と考えられている。これまで全長は1986年作製の地形測量図を基に198メートルと推定されていた。

 市教委は発掘調査を2019年度まで行い、20年度に古墳公園を整備する予定。文化財保護課は「古墳の正確な規模が分かってきた。成果を整備事業に生かしたい」としている。説明会は25日午後1時半に網野町の「ら・ぽーと」に集合。現地まで送迎車を運行する。同課0772(69)0640。

【 2017年11月25日 10時51分 】

ニュース写真

  • 網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]