出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

福島の今、「うごめく思い」を形に 京都で作品展

福島の今を伝える作品が並ぶ「語りがたきものに触れて」展の会場+(京都市上京区・有斐斎弘道館)
福島の今を伝える作品が並ぶ「語りがたきものに触れて」展の会場+(京都市上京区・有斐斎弘道館)

 震災後の福島を表現した作品を紹介する「語りがたきものに触れて」展が2日、京都市左京区の下鴨神社などで始まる。会場の一つ上京区の有斐斎(ゆうひさい)弘道館で1日、作品が公開された。

 芸術を通じて福島の今を共有しようと試みる「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会」(赤坂憲雄委員長)の主催。3年前から福島県内外で成果展を行っている。京都では初めて。4会場で計6人の作家が出品している。

 弘道館では、東京電力福島第1原発事故で全村避難を強いられた飯舘村にある神社の木の表面を鉛筆でこすり、痕跡を紙に写し取る岡部昌生さんの作品が地の記憶と被ばくし続ける存在を物語る。津波に窓を奪われた建物や、波打ちぎわで花をささげるように生ける片桐功敦さんの写真シリーズのほか、映像作品などが並んでいる。

 同県立博物館長でもある赤坂さんは「堆積した思いや記憶は表に出ず、うごめいている。文化芸術を仲立ちに人の心をつなぎたい」と話した。同展は、下鴨神社(左京区)、ギャラリー・アーティスロング(中京区)、オザサキョウト(上京区)でも開催。2日から17日まで(オザサは4日から)。無料。

【 2017年12月02日 15時51分 】

ニュース写真

  • 福島の今を伝える作品が並ぶ「語りがたきものに触れて」展の会場+(京都市上京区・有斐斎弘道館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      35度以上で主催イベント中止検討 大津市が熱中症予防会議

      20180717000191

       連日の酷暑を受け、大津市は17日、熱中症予防のための庁内会議を開き、気温が35度以上に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、南北チームが勝利
      北朝鮮選手に大声援

      20180717000196

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まった..... [ 記事へ ]

      経済

      GS、12年ぶりCEO交代
      ブランクファイン氏退任

      20180717000200

       【ニューヨーク共同】米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)は17日、ロイド・ブランク..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]

      国際

      オバマ氏、マンデラ氏しのび講演
      恐怖や恨みの政治に危機感

      20180717000106

       【ヨハネスブルク共同】オバマ前米大統領は17日、南アフリカ最大都市ヨハネスブルクで講演..... [ 記事へ ]