出版案内
福祉事業団

「牧野と松之助、京都映画の礎」 中島貞夫監督が講演

草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)
草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)

 「映画の日」の1日、映画草創期に京都を中心に活躍し、「日本映画の父」と称される牧野省三とスター俳優の尾上松之助をしのぶ講演・上映会が京都市北区の立命館大アート・リサーチセンターであった。映画監督の中島貞夫氏(83)が記念講演し、「2人がいたからこそ京都の映画が発展した」と語った。

 講演・上映会は、日本でシネマトグラフが試写されてから120年の節目を記念し、同センターなどが立ち上げた「尾上松之助プロジェクト」の一環で企画した。

 NPO法人京都映画倶楽部理事長を務める中島監督は「草創期の京都映画をしのんで」と題して講演した。牧野の生い立ちや映画の撮影手法を紹介し、「牧野はリアリズムを大切にし、チャンバラでもリアルを追求した。普通の歌舞伎俳優では対応できず、理想の役者がいないかと思っていたところに松之助と出会った」と説明した。その後、表現の手法を広げた牧野とあらゆる役を引き受ける松之助が距離を置くようになったと述べ、「スターを中心に撮影する映画と監督中心で撮る映画の作り方はいつも歴史を繰り返している。この大きな二つの流れをこの2人が作った」と解説した。

 講演後は牧野が監督、松之助が主演を務めた明治時代の映画「忠臣蔵」(1910~12年)が上映され、松之助の遺品や資料も展示された。

【 2017年12月06日 19時10分 】

ニュース写真

  • 草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大久保、国武は予選敗退
      スノーボード・21日

      20180221000083

       スノーボード新種目の男子ビッグエア予選で、17歳の大久保勇利(ムラサキスポーツ)と16..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]

      国際

      ロシア疑惑捜査で弁護士を起訴
      米特別検察官、偽証罪で

      20180221000005

       【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑に絡み、モラー特別検察官が偽証罪で新たに弁..... [ 記事へ ]